お酢で痩せる

osu - お酢で痩せる

こんにちは!仁依菜です。

「お酢は体に良い」と昔から言われています。
お酢の持つ力として、「防腐・抗菌効果」や「疲労回復のサポート」が知られています。
近年は黒酢を使ったサプリメントなども健康増進効果があるとして人気がありますね。
お酢は健康だけでなく、ダイエット効果もあるとされています。

今日はお酢についてお伝えします。

お酢の効果あれこれ

 ・高めの血圧の低下を助ける

お酢の主成分である酢酸は、高血圧の人の血圧低下に役立つことがわかっています。
これは、酢酸が血圧の上昇に関係するホルモン「レニン-アンジオテンシン系」の働きを
抑えるためとされています。
なお、正常な血圧の人がお酢を摂取しても血圧が下がることはありませんのでご安心を。

 ・コレステロールの合成を抑える

血液中のコレステロールや脂質が増えてしまう脂質異常症(高脂血症)は、心筋梗塞や
脳梗塞を起こす原因とされています。
しかし、自覚症状がないため、なかなか気づきにくいものです。
お酢に含まれる酢酸はコレステロールの合成を抑える働きがあり、血中脂質を低下させる
働きがあると言われています。

 ・血糖値の上昇を緩やかにする

血糖値は体に取り入れられた糖質が分解されブドウ糖として血液に吸収されることで
上がるというメカニズムがあります。糖質の摂り過ぎは血糖値の急激な上昇を招き、
糖尿病のリスクがあります。

酢酸は糖質の吸収を妨げる働きがあり、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。
そのため、ご飯やパン、パスタなどの糖質が多い炭水化物を摂るときは、意識的に
お酢を使った料理(酢の物・マリネ・ピクルスなど)を添えると良いとされています。

 ・食欲増進効果

酢酸には唾液や胃液の分泌を促進し、消化酵素の働きを活性化させる働きがあります。
消化酵素の働きが活発になると胃の働きが良くなるため、お酢は食欲増進効果がある
とされています。

食欲が増してしまうとダイエットには逆効果と思えますが、そうともいえません。
お酢を摂ることでカルシウムの吸収がよくなることがわかっています。
カルシウムは脂肪の吸収を抑える効果があり、ダイエットに繋がります。

お酢を効果的に摂るタイミング

お酢は食欲を増進させる効果があるため、空腹時に摂取するのは避けましょう。
また空腹時に摂取すると強い酸の影響で食道や胃に負担がかかります。
食事中・もしくは食後に摂取することでコレステロールの合成を抑え、血糖値の
急上昇を抑えるのが理想的な方法です。

1回あたり10ml程度、できれば1日3回で計30mlを摂取するのが望ましいとされています。
お酢を使った料理やドリンクなど、積極的に生活に取り入れたいものです。

私は最近、ピクルスにはまっています。
いつも素敵な料理を作っているブロガー うりぼうさん のレシピがおススメです。
他にもいろいろなレシピがアップされていますよ♪
うりぼうさん のブログ「紡ぐ。まいにちの幸せ」はこちらをどうぞ⇒

最近の研究ではお酢を毎日15mlずつ12週間続けて摂取すると、体重・腹囲・BMIがともに
下がったという報告があります。また内臓脂肪を減少させる作用もあるようです。
15mlは大さじ1杯です。これぐらいなら頑張れそうですね!

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - お酢で痩せる

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする