発酵食品を味方につけるとダイエットはうまくいく

hakkousyokuhin - 発酵食品を味方につけるとダイエットはうまくいく

こんにちは!仁依菜です。

発酵食品は体にいい・・・とは聞くものの、味噌や漬物以外に何があるの?と思う方もいらっしゃるかと思います。

実は発酵食品や発酵調味料は多くあります。

酵母やカビなど、微生物の働きによって作られる発酵食品には、エイジングケア効果など体の内側から綺麗になる栄養素がたくさんあります。

そして、整腸効果が非常に高いので、ダイエットにとても有効です。

今日はダイエットの強い味方、発酵食品についてお伝えします。

発酵食品といえば

最も口にする機会が多い発酵食品といえば、味噌・醤油・酢・料理酒などの発酵調味料だと思います。

一般的に発酵食品といわれる食材の中にはきちんと発酵されている「本物」と、余分な添加物が加えられた「それっぽいもの」があります。

体のためを思うなら、きちんと発酵されている「本物」の発酵食品を摂りたいですよね。

たとえば、本物の穀物酢ならば原材料は米だけが使われています。

できるだけ、原材料名がシンプルなものを選ぶことがとても重要です。原材料名のラベルは確認する習慣をつけましょう。

本物の発酵食品はそれだけで十分に旨味があり、料理の味がぐっと深く美味しくなります。

発酵食品を毎日食べるコツ

体にいい発酵食品はできれば毎日摂りたいものです。

とはいいつつ、毎日納豆を食べようと思っても飽きてしまったり、漬物は塩分が気になったりしますね。

そこで手軽に発酵食品を摂るのに使えるのが味噌です。

味噌の摂り方

味噌といえば、まず思い浮かぶのは味噌汁ですね。

できれば味噌汁は毎日必ず摂っていただきたい健康には欠かせない一品です。

しかし、私もそうなのですが1人暮らしの方などにとっては1人分の味噌汁はかえって作るのが面倒なものです。

そのような場合は生味噌タイプのインスタントの味噌汁で十分です。
また、お椀に味噌大さじ1、粉末だし少々、乾燥わかめを入れてお湯を注ぐだけでも簡単に味噌汁は作れます。

味噌とマヨネーズを合わせて味噌ディップにして生や茹でた野菜につけて食べるのもお手軽です。肉や野菜を味噌で炒めるのも簡単ですね。

酢の摂り方

いいお酢に砂糖を少し加えて混ぜるだけでドレッシングになります。
レタスやキャベツ、人参などの野菜に絡めればとても美味しいサラダができます。

中華料理のおかずならば、できあがりに少し加えるだけで本格的な味に近づきます。

先日ご紹介したフルーツ酢も手軽に酢を摂ることができておススメです。

簡単フルーツ酢入門|お酢のチカラで体の中から綺麗になる はこちらをどうぞ⇒

他にもある使いやすい発酵食品

味噌や酢以外にもまだまだ発酵食品はあります。

お好きなものを、いろいろとアレンジして毎日摂るようにしてみましょう。

塩麹

塩、麹、水を混ぜるだけでできる塩麹は塩の代わりに使うととても便利です。

ゆで卵を塩麹に漬け込むとまろやかな塩味でおいしくいただけます。
肉を塩麹に漬け込めば柔らかくなります。

塩辛

代表的なのはイカの塩辛ですね。
蒸したジャガイモに乗せたり、バターと一緒にインゲンなどの野菜と炒めるとおいしいですよ。

アンチョビも塩辛の一種です。

細かく刻んでキャベツなどと一緒に炒めてパスタに絡めると手軽に摂れますね。
ピザのトッピングなどもおススメです。

かつおぶし

かつおぶしも発酵食品です。

冷奴にかけたり、ほうれん草のお浸しにかけたり、と手軽に使えますね。
クリームチーズを細かく切って、かつおぶしと醤油をかけるとお酒にぴったりのおつまみにもなります。

まとめ

上記にあげた以外にも発酵食品はまだまだあります。

納豆やヨーグルト、キムチや漬物、ピクルスは発酵食品としてよく知られています。
さらには、メンマやサラミ、烏龍茶や紅茶、ビールやワインや日本酒などの酒類もあります。

食材に付着した微生物が、発酵の過程で食材に含まれるでんぷん質やたんぱく質を分解し、アミノ酸や糖分などの栄養素を生成し、体に吸収しやすい状態になります。

毎日、少しずつ、いろんな種類の発酵食品を摂るようにすると腸内環境が整えられ、ダイエットに大きな効果をもたらしてくれますよ!

ぜひ試してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 発酵食品を味方につけるとダイエットはうまくいく

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする