平熱は37.0℃が健康のバロメーター|低体温を改善すると免疫力が上がる

taionkei - 平熱は37.0℃が健康のバロメーター|低体温を改善すると免疫力が上がる

こんにちは!仁依菜です。

あなたの平熱は何℃ですか?

えっ?体温なんて風邪をひいたときぐらいしか測らない?

では、体調を崩して熱があるなと感じるのは何℃からですか?

多くの方は37.0℃を越えたぐらいから風邪気味かなと判断するのではないでしょうか。

でも、実はその概念、正しいようで正しくないんです。

今日は体温と免疫力の関係についてお伝えします。

注目すべきは体温計の赤い文字

今ではすっかり見ることが少なくなった水銀体温計ですが、37℃だけは赤い文字になっているのをご存知ですか?(記憶にない方はこの記事のトップの画像を再確認してみてくださいね)

あの赤い文字、実は日本人の平均体温を示しているんですよ。
(ここから危険の意味じゃないんです)

taionbunpu - 平熱は37.0℃が健康のバロメーター|低体温を改善すると免疫力が上がる

10歳から50歳前後の健康な男女3000人以上の体温の平均値は36.89℃±0.34℃です。
実に約7割の人が36.6℃から37.2℃の中に入ります。

37.0℃という体温は発熱ではなく平熱といえるのです。

ちなみに感染症法では37.5℃以上を発熱38.0℃以上を高熱と定義しています。

自分の平熱を知りましょう

平均体温は37.0℃というものの、近年日本人の平均体温はどんどん下がっている傾向にあるそうです。

中には平熱が36.0℃以下という方もいるようです。

平熱とは、普段の健康な時の体温のことです。

平熱が36.0℃を下回ることを低体温といいます。

低体温の方にとって36℃台後半まで上がればすでに発熱の傾向にあるといえますし、38℃台まで上がればかなり辛い状態にあるといえるでしょう。

自分の平熱がどれぐらいなのか、健康なときに測っておくことは健康管理のためにとても重要です。

低体温では病気になりやすい

平熱が低い人の方が

  • ウイルスや細菌に感染しやすくなる
  • 花粉症などのアレルギー反応が出やすくなる
  • ガンが発病しやすくなる
  • 不妊になりやすくなる
  • 血流が悪くなる
  • 代謝が落ちて太りやすくなる
  • 疲れやすくなる
  • 肩こりがひどくなる
  • 頭痛・腰痛・腹痛・生理痛など痛みがひどくなる
  • 不眠になりやすくなる

といわれています。

ガン細胞は35℃台で活発に増殖します。

人間の体は36.5℃~37.0℃が最も免疫力が高まる体温だとされています。

体温が1℃下がると免疫力が37%下がるという研究結果もあります。

低体温の方はその原因を知り、しっかりと対策をして平熱を上げる努力をしましょう。

低体温の原因と対策

低体温になるのは日頃の生活習慣によるところが非常に大きいようです。

低体温の原因

  • 運動不足による筋肉量の低下
  • 偏った食事
  • ストレス
  • 自律神経の乱れ
  • 低血圧
  • 睡眠不足
  • 薄着による肌の露出
  • 冷暖房の効いた部屋で長時間過ごす

世の中が便利になったことによって体の機能が衰えてしまった部分が大きいように思われますね。

低体温を改善する対策

  • 運動をして筋肉量を増やす
  • マッサージをして血行を良くする
  • バランスのよい食生活を心掛ける
  • 規則正しい生活リズムで睡眠をしっかり取る

いずれも特別なことではなく、普段の生活で少し努力すれば確実に変わっていきます。

先日ご紹介した岩盤浴も基礎代謝が上がるため平熱を上げることに効果的です。

岩盤浴の効果はデトックスとダイエット|岩盤浴の正しい入り方 はこちらをどうぞ⇒

特に若年層の方が平熱が低いといわれています。

低体温を改善すれば免疫力が上がり、健康的な体に近づきますよ。

まずは平熱が36℃台になるように、そしてできれば37.0℃を目指しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 平熱は37.0℃が健康のバロメーター|低体温を改善すると免疫力が上がる

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする