タイプ別 肩こり解消法

katakori - タイプ別 肩こり解消法

こんにちは!仁依菜です。

美容院やエステに行くたびにガチガチの肩こりにびっくりされます。

自分でも常に肩がこっていることはわかっているのですが、一度ほぐしてしまうと、またどんどんこりが溜まっていくのを感じるのでついついケアをせずに限界まで我慢してしまいます。

極度の肩こりは頭痛や吐き気を引き起こすこともあります。早めに解消したいものです。

今日は漢方の観点から「肩こり」についてお伝えします。

肩こりタイプチェック

肩こりの原因は、ストレス、姿勢、運動不足、目や内臓の疲れなど様々だとされます。

漢方では肩こりを「気」「血」「水」の流れが滞っているサインだと捉え、

「急性肩こり」「水たまり肩こり」「ストレス肩こり」「血行不良肩こり」

の4つのタイプに分けます。

まずは、どのタイプの肩こりなのかチェックしてみましょう。

急性肩こり

風邪のひき始めやパソコンによる目の酷使など、外的要因で起こる肩こりです。
慢性化することがあるので注意が必要です。

※こんな症状はありませんか?
・首から後肩部にかけてこわばりがある
・同じ姿勢でいることが多い
・パソコンをよく使う
・目が疲れている
・ぞくぞくする寒気がある
・鼻水・くしゃみなど風邪の症状がある
・頭痛がある

水たまり肩こり

主に胃腸の不調が原因で水分代謝が悪くなり、体に余分な水分がたまっているために
起こる肩こりです。触ると柔らかいのに、こっているという場合はこのタイプです。

※こんな症状はありませんか?
・肩全体が重くだるい
・朝、筋肉がこわばっている
・むくみやすい
・胃がムカムカする
・下痢しやすい
・食欲がわかない
・雨の日に調子が悪い
・めまい・車酔いしやすい

ストレス肩こり

ストレスや疲労などで体の気の流れが滞るために起こる肩こりです。
肩や背中が張ったような状態になります。

※こんな症状はありませんか?
・後頭部から肩、背中にかけてパンパンになる
・ストレスがたまりやすい
・のどがつかえる感じがする
・お腹が張る、ガスがたまる
・寝つきが悪い
・イライラ・クヨクヨする
・月経周期が不安定
・緊張しやすい

血行不良肩こり

冷えなどで血行が悪くなり、血液の汚れや血量不足のために起こる肩こりです。
ぎゅうっと締めつけられるという症状もよく見られます。

※こんな症状はありませんか?
・肩や首が硬く、押すと痛みを感じる
・月経不順・月経痛がある
・顔色がくすみがち
・シミ・アザができやすい
・常に肩や背中が痛い
・冷えやのぼせがある
・手足の先が冷える

私は「ストレス肩こり」と「血行不良肩こり」の混合です。
私のように2つ、3つのタイプが合わさった肩こりの方もとても多いようです。

タイプ別 肩こりケア方法

それぞれのタイプごとに対処方法が異なります。
効果的な対策をとって、つらい肩こりを解消しましょう。

急性肩こりの場合

こまめに肩を回したり、ストレッチをしましょう。
また、風邪のひき始めに首、肩のこわばりを感じた時は生姜シナモンを摂り体を温めましょう。

水たまり肩こりの場合

冷たいものの摂り過ぎや、暴飲暴食、不規則な食生活を見直しましょう。
適度な運動を心がけ、水分代謝をよくするように心掛けましょう。

ストレス肩こりの場合

腸を潤し、力をつけましょう。
こまめに水分を補給し、ナッツ類や松の実、クコの実などの種実類を積極的に摂りましょう。
ゴマをはちみつで練った「ゴマはちみつ」も効果的です。

血行不良肩こりの場合

半身浴や足浴などで体を芯から温めて血行を良くしましょう。
同じ姿勢が続いたら、1~2時間ごとに休憩を取り、適度な運動を心掛けましょう。

玉ねぎや生姜、ニンニク、らっきょうなどの辛味野菜や、黒豆、酢など血の巡りを
くする食材を積極的に摂るのも有効です。

肩こりは国民病とも言われます。

病名はつかないけれど、自覚している不快な症状を漢方では「未病」と言います。

漢方では、未病の段階で体が示す不調のサインをしっかりと捉え、病気を予防し症状を繰り返さない体をつくることを第一と考えます。

軽い肩こりだと侮っていると、思わぬ病気が隠れていることもあります。
ご自分のタイプに合わせた効果的な対処方法で不快な肩こりを解消してくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - タイプ別 肩こり解消法

仁依菜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする