食べる順番を意識するだけで痩せる効果があります

jyunban - 食べる順番を意識するだけで痩せる効果があります

こんにちは!仁依菜です。

あなたは好物を先に食べるタイプですか?それとも最後まで大事に取っておくタイプ?

食事の時の食べ方の順番で、痩せる効果を得ることができます。

同じ量の食事をするのなら太る食べ方より痩せる食べ方をしたいものです。

今日は「食べる順番」についてお伝えします。

消化吸収の遅い食べ物から食べましょう

パスタや白米などの炭水化物は血糖値の急激な上昇を招き、太りやすい体質になると
いうことで、炭水化物抜きダイエットをしている方もいることでしょう。

血糖値が急激に上昇するということは、消化吸収が早いということです。

消化吸収の遅い食物繊維を多く含むものから食べることで、血糖値の急上昇を防ぎ、
主食の炭水化物を食べる前に満腹感を得て、炭水化物の量を減らすことができます。

具体的には次の順番で食べていきましょう。

1.汁物から食べる

まずはじめに、スープや汁物からいただきましょう。

温かいものを体に入れて、消化吸収の準備をします。

野菜やきのこ、海藻類が入ったものならば尚よいです。

水分によって満腹感を得られやすくなります。

2.食物繊維を食べる

次にサラダやお浸し、漬物などの野菜や海藻類をいただきましょう。

血糖値の急上昇を抑えて、脂肪の吸収も抑えることができます。

ヨウ素とともに食物繊維が摂れる海藻類は週に2~3回は摂りたい食材です。

特に血糖値の上昇を抑える効果の高い酢と合わせて摂れる酢の物はおススメです。

3.たんぱく質を食べる

肉や魚など食事のメインとなるものです。

良質なたんぱく質を摂るように心掛けましょう。アミノ酸スコアも忘れずに!

過去記事も参考に読んでみてくださいね。

たんぱく質は肉や魚で摂るほうがいい理由 はこちら⇒

アミノ酸スコアを気にしてみよう はこちら⇒

かつお節や高野豆腐、焼き海苔などは低カロリーで良質なたんぱく質を含んだ食材です。
上手に献立に取り入れていきましょう。

4.最後に炭水化物を食べる

ご飯や麺類などの炭水化物は一番最後です。

物足りないというときは、ご飯ではなくおかずをおかわりするようにしましょう。

満腹になった時点で無理に食べる必要はありません。

まとめ

バランスよく食事をすることが基本です。

どうしても空腹感が残ってしまう場合には、はじめに水を飲むのも効果的です。

最後の炭水化物を食べる段階で満腹感を感じている方がダイエット効果があがります。

実は私、食事の基本が「三角食べ」なんです。

通っていた小学校が給食指導に特に力を入れていた学校で、「残さず全部食べる!」を
モットーに熱烈指導がされていました。

みんなで「いただきます!」の挨拶をした後、まず最初に牛乳を一口飲む。
そこからは、副菜→おかず→主食→牛乳→副菜→おかず→主食・・・の順番で食べる。
食べ終わりが一緒になるようにペース配分をする。

この食べ方が身に染み付いてしまっていて、いまだに無意識だとこの食べ方になるのです。
(教育って怖いですねぇ・・・)

バランスよく食べるという意味では、これはこれでいいんですが・・・
主食(ご飯)の後に牛乳は辛かったなという思い出が時折よみがえります。

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 食べる順番を意識するだけで痩せる効果があります

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする