ダイエット中のフルーツ

fruits - ダイエット中のフルーツ

こんにちは!仁依菜です。

あなたは毎日フルーツを食べていますか?
フルーツはビタミン豊富で美容にもいいし、カロリーが少なくてヘルシーというイメージが
ある一方、あんなに甘くて糖分たっぷりなんだから太ってしまいそうで食べないという方も
いるようです。

普段の生活の中であまりフルーツを食べる習慣はないという方もいらっしゃいますね。

しかし、フルーツは健康のためにぜひ食生活に取り入れていただきたいものです。
今日は、フルーツの効果についてお伝えします。

////////////////////////// // // //////////////////////////

フルーツの健康・美容効果

フルーツに含まれる栄養素で健康や美容にいいものとして一番に浮かぶのはビタミンCです。

ビタミンCには、抗酸化作用による老化・病気の予防、コラーゲンの合成、
ストレス軽減作用、鉄分の吸収率を上げるという効果があります。

ビタミンCは酸っぱいものに含まれるというイメージがありますが、葉物野菜や芋類などにも
含まれています。しかし、ビタミンCは水溶性のため、切った野菜を洗ったり、水にさらすと
溶け出してしまいます。
また、ビタミンCは加熱に弱いため、調理の過程で多くが失われてしまいます。

生で食べるフルーツはビタミンCを補給するのにとても有効です。
これからの時期はイチゴに多くビタミンCが含まれています。ぜひ召し上がってくださいね。

ビタミンC以外にフルーツに多く含まれる栄養素ではカリウムがあげられます。

カリウムは塩分を排出する働きがあるため、塩分摂取が多くなりがちな日本人はぜひ積極的に
摂りたい栄養素です。むくみやすいという方は、カリウム不足の可能性があります。

カリウムは、フルーツの他に、野菜・豆類・芋類・海藻などにも含まれていますが、
ビタミンCと同様に水溶性で加熱に弱い為、生で食べるフルーツでの摂取はとても有効です。

カリウムを多く含むフルーツの代表がバナナです。ぜひ召し上がってくださいね。

フルーツに多く含まれる栄養素として食物繊維もあげられます。

ダイエット中は便秘になりがちな方も多いのですが、食物繊維には便秘予防の効果が
あります。また、腸内環境を整えたり、コレステロールの吸収を抑制する働きがあるので、
ダイエットをしていない方でも積極的に摂りたい栄養素です。

食物繊維は、野菜やフルーツだけでなく、豆類、芋類、海藻などにも含まれていますが、
意識して摂取しないと不足しがちな栄養素なので、フルーツからもぜひ摂りましょう。

食物繊維を多く含むフルーツとしてはリンゴやキウイがあります。
ぜひ召し上がってくださいね。

////////////////////////// // // //////////////////////////

フルーツはいつ食べればいいの?

「朝のフルーツは金、昼のフルーツは銀、夜のフルーツは銅」と言われます。

フルーツに含まれる果糖、ブドウ糖、ショ糖はすぐにエネルギーに変わるため、
朝食べればすぐに全身にエネルギーが行き渡り、1日の活動が活発にできるからです。

夜のフルーツが銅と言われるのは、フルーツには体を冷やす働きがあり、内臓に負担を
かける作用があるためです。

昼のフルーツが銀と言われるのは、朝と夜の中間の意味合いです。
フルーツには脂質がないので、おやつとしてフルーツを摂れば頭と体にエネルギーを補給し、
疲労回復にも役立ちます。

////////////////////////// // // //////////////////////////

朝食べたいフルーツ

これからどんどん紫外線が強くなる季節です。朝のフルーツは金とはいうものの、
紫外線の吸収作用から朝食べるのは避けたほうがよいものがあります。

昨日の記事で柑橘系の精油(エッセンシャルオイル)の光毒性について触れました。

光毒性とは体内に紫外線を吸収し、強烈な日焼けを起こし肌を傷つける作用のことです。

光毒性に関する記事はこちらを参考にどうぞ⇒

フルーツそのものにも光毒性を持つものがあります。

グレープフルーツ・レモン・オレンジ・みかん・甘夏などの柑橘類
キウイ・アセロラ・いちじく

せっかく美肌効果があると思ってフルーツを食べたのに、シミができたら残念です。
これらのフルーツは朝ではなく、夕方の空腹時やおやつに食べると疲労回復や
ストレスダメージの補修につながり、体に良い効果が得られると思います。

朝食べると、紫外線対策になるフルーツもあります。

イチゴやブルーベリーなどのベリー類、バナナ、すいか、ぶどう

すいかは「天然の日焼け止め」とも言われるほど紫外線カット効果が高いフルーツです。
朝はぜひこれらのフルーツを摂るようにしていきましょう。

加工品よりも生のフルーツを摂りましょう

ビタミン補給のためにフルーツジュースを飲む習慣にしている方も多いでしょう。

手軽に栄養が摂れる一方で、ジュースには砂糖が多く加えられています。
フルーツにも糖分が多い上に、加えられた砂糖で糖分の過剰摂取につながります。

ダイエット中の場合は、ジュースよりも生のフルーツを摂るように心がけましょう。

ドライフルーツがお好きという方も多いと思います。

ドライフルーツは乾燥する過程で糖分が濃縮され、少量でもとても糖度が高くなります。
また中には砂糖がまぶしてあるものもあります。気づけば生で摂取するよりも多くの量を
食べている場合がありますので、ドライフルーツは摂り過ぎないようにしましょう。

私は自他共に認めるマンゴー大好き『マンゴー星人』で、ドライマンゴーをよく食べます。

そのまま食べるのでは糖分過多になりがちなので、少量のドライマンゴーを夜のうちに
ヨーグルトに混ぜておき、翌朝プルプルになったマンゴーが入ったヨーグルトを食べるのが
楽しみです。最近はマンゴー入りヨーグルトとはちみつ入りヨーグルトを朝食に日替わりで
食べるのがマイブームです。

ダイエット中でもフルーツはぜひ摂った方がいいものです。
もちろん、食べ過ぎには注意してくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - ダイエット中のフルーツ

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする