【番外編】GWは温泉旅行へ|飛騨高山へ行ってきました

日々思うこと
スポンサーリンク

こんにちは!仁依菜です。

ゴールデンウィーク、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

私は岐阜県の飛騨地方 高山へ旅行へ行ってまいりました。

いつもはダイエットに関する記事を色々と綴っておりますが、本日は番外編として
高山旅行記をお伝えします。

 

スポンサーリンク

高山ってどんなところ?

高山といえば、名古屋近郊からは非常に行きやすい観光地です。
私が初めて高山へ行ったのは18歳の時。高校の卒業旅行で仲良し4人組での旅でした。

その後も、車の免許を取ってからはドライブがてらに行ってみたり、母と2人で親子旅を
したり・・・と、特に20代の頃は頻繁に行っていた場所です。

近年は、1995年に白川郷・五箇山がユネスコの世界文化遺産に登録されたり、フランスの
旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三つ星(=わざわざ訪れる価値
のある場所)を何度も獲得していることで外国人の方にも人気の場所となっています。

実はあまりにも人気があるのがわかっているがゆえに、逆に高山への足が遠のいていて、
私が高山へ行ったのは10年以上ぶりでした。

一方、パートナーさんは高山で学生時代を過ごした人で、冬の寒さの記憶が鮮明に残り
過ぎていて、遊びに行く気持ちにはならなかった場所のようで16年振りに高山へと
足を運んだそうです。

 

スポンサーリンク

いざ、高山へ向けて出発!

今回は私の愛車でドライブ旅にしました。運転手はパートナーさんです。

名古屋からは国道41号線をひたすら北上すると高山へたどり着きます。
道中には日本三名泉と言われる下呂温泉があります。
残りの2つは有馬温泉(兵庫県)と草津温泉(群馬県)ですね。

特に下呂から高山へかけては標高の高いところを抜けることもあり、まだ桜が残って
いました。季節が1ヵ月ほど逆戻りしたようです。

桜を眺めながらのドライブで4時間ほどで高山へ到着です。ちょうどお昼です。

 

スポンサーリンク

高山はラーメン激戦区です

お昼ご飯には高山ラーメンを選びました。

 

私はラーメンは豚骨派。彼もそんなに高山ラーメンへの思い入れはないということで
期待しないで入ったんですが・・・、た、高山ラーメン、うまいっ!!

すみません、画像は商工観光部さんからお借りしました。

私、ラーメンブロガーにはなれそうにありません。気づいたら箸をつけちゃってたし、
しっかりとダシの効いたスープに醤油の香りがこれまた豊かで・・・ぐらいしか書けません!

でもね、本当に美味しかったんですよ!パートナーさんも感動した様子です。
コクのある醤油スープが後を引き、あっという間に完食してしまいました。

 

スポンサーリンク

まさかリスにメロメロにされるとは

お腹を満たした後は、「リスの森」へGo!
いや、私、何度も高山へは行っているんですが、「リスの森」なる施設があることすら
知りませんでした。

高山ラーメンをいただいたお店の大将も、パートナーさんからも
「そんなに期待しないで行ってみて。リス、別に愛嬌ないから!」という前評判を聞いて
向かったので、むしろリスに対する猜疑心しか私にはありません。

・・・がっ!いざ、手のひらにリスの餌(ひまわりの種とか乾燥コーンの砕いたのとか)を
乗せて待ってみると、

あぁ、手の上にリスが乗ってひまわりの種を食べてる!ほっぺたパンパンやん♪

か・・・、かわいい。とてつもなくかわいい。あ、この子はひまわりよりもコーンが好きなのね!

くぅぅぅぅぅー!家に一匹、持って帰りたい!!

 

悶絶しそうな可愛さでしたよ。餌を追加でもう一袋買いました(笑)

今の時期、リスは子育て真っ最中で、外に出てくるリスの数は少ないらしいのですが、
それでも一発でメロメロになる可愛さを発揮してくれました。

6月下旬からは子リスも巣箱から出てくるとのこと。
あの場所がどんなパラダイスになるのやら。
観光地というのは期待しないで行くと意外な面白さにハマッたりするものですね。

 

スポンサーリンク

ここからが高山観光の本番です

自分たちのお腹を満たし、リスのお腹も満たしてあげたので、車を宿に置きに行き、
いよいよ高山散策へ向かいます。

GW中とはいえども平日のこの日。

古い町並で知られる上三之町から上一之町近辺は多くの人で賑わっています。
郷土のお菓子や民芸品を売るお店が並びます。名物の飛騨牛の串焼きや炙り鮨のお店には
20~30人ぐらいの列ができています。海外からのお客さんもたくさんいます。

パートナーさんとそぞろ歩きしながら、気になったお店には入ろうと色々見て回ります。
二人ともが気になるのは、何軒かある造り酒屋さんです。

高山は水が美味しいところです。水が美味しいところには美味しいお酒があります。
それぞれの酒蔵では有料の試飲が楽しめて、なかには無料の試飲があるものも!

つまみもなく、おちょこ1杯の日本酒を飲む。また次の酒蔵に行って、飲む。
・・・飲む。さらに飲む。楽しい酔っ払いの出来上がりです。

大人になると高山はこういう楽しみ方ができるんだ!というのが今回の新発見です。
どこの酒造さんも美味しかったのですが、その中でも深山菊というお酒を作っている
舩坂酒造店さんがまだ試作で特別に100本だけ出したという氷温熟成のものがとても
美味しくて、最後の1本だというコレ、ゲットしてきました!

スッキリ辛口フルーティーで、余韻もキリリと絞まっていてまさに私好みな1本。
家で飲むのが楽しみです。青唐辛子味噌とこのお酒でエンドレスに飲める予感♪

 

スポンサーリンク

飛騨牛食べ放題は至福の時間

古い町並で飛騨牛の串焼きなどをぐっと我慢したのは、宿の夕食が飛騨牛のステーキの
食べ放題がついたプランだったから!

飛騨牛ってば肉汁ハンパないのです。
口に入れる⇒肉汁ジュワ、一口噛む⇒肉汁ジュワジュワ、噛む⇒ジュワジュワの繰り返し。
ダイエット中ということは、一旦こっちに置いといて、とっても美味しくいただきました。

満腹で温泉に入り、部屋に戻って爆睡。翌朝も5時から入れる露天風呂へ行って、平泳ぎ
したい気持ちをぐっと堪えて、温泉を満喫してきました。

 

スポンサーリンク

高山といえば朝市も有名

高山では毎日開かれている朝市も有名で、高山陣屋前で開かれる陣屋前朝市と、町の中を
流れる宮川に沿って開かれる宮川朝市には多くの観光客や地元の人が訪れます。

宿の朝食をしっかり平らげて満腹なお腹を抱えて(旅の間中、ほぼずっと満腹w)、
宮川朝市へ向かいました。

赤かぶを中心にお漬物が有名な高山では、お土産としても沢山のお漬物が売られています。
朝市ではさらに朝採れた野菜だったり、木彫り(一位一刀彫が有名です)の人形だったり、
さるの赤ちゃんを模したさるぼぼの人形(お守りのような役割ですね)が売られていたり
と賑わっていました。

満腹だっていうのに、地酒ソフトクリームは気になるよね・・・と食べてみたり、高山と
いえば外せない醤油で香ばしく焼いたみたらし団子を食べたりと、さらに満腹度を増す
私たち・・・。甘いみたらしもいいけど、醤油味のみたらし団子が美味しいと感じられる。
これも大人になったからかなと感じました。もう、お腹がパンパンですw

パートナーさん、後姿のみで登場♪

 

スポンサーリンク

家に帰るまでが遠足ですよ

最後にパートナーさんが学んだという母校をチラッと見に行って、帰路につきました。

帰りは行きとは違う道で、高山から郡上八幡(夏の郡上踊りという徹夜踊りで有名)を
抜ける「せせらぎ街道」を通って帰ってきました。

 

GW後半の休みに入ったこの日は、富山方面へ向かう反対車線は大渋滞!
平行して走っている東海北陸自動車道も事故で渋滞が起こっている様子でした。
一方、名古屋方面へは快適ドライブができました。
日程の選択も大正解だったようです。

車で各観光地へお出掛けの方、安全運転で気をつけて行ってきてくださいね!

 

飲んで、食べて、温泉に入っての2日間。
帰ってきてもちろん体重を測りましたよ。

・・・増減なし!

たくさん歩きましたからねぇ。ふくらはぎ、軽く筋肉痛ですもの(笑)

 

今回の旅行は、高山へという目的地だけは私が決めましたが、あとのプランニングは全部
パートナーさんがしてくれました。ありがたい・・・、あぁ、足を向けては寝られないw
買ってきた日本酒に合う肴を作って今度もてなしてあげよう。うん、そうしよう!

 

本日は番外編として旅行記をお送りしました。
気づけば3000文字オーバーの長編になりました。お読みいただきありがとうございました!

明日からまたいつものダイエットブログに戻ります!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪

仁依菜

コメント