白湯ダイエットで痩せる

sayu - 白湯ダイエットで痩せる

こんにちは!仁依菜です。

白湯ダイエットは、誰でも気軽に始められる有名なダイエット方法です。

私も過去に白湯ダイエットにチャレンジしたことがあり、その時には5ヶ月でマイナス6kgのダイエットに成功しました。

特別な運動や食事制限をすることなく、自然にダイエットできる方法だと思います。

今日はなぜ白湯を飲むことで痩せることができるのか、正しい白湯の作り方などについて
お伝えします。

白湯を飲むと得られる効果は?

脂肪燃焼効果を得られる

体を温めることで基礎代謝が上がります。
体温が1℃上がると、基礎代謝が10~12%上がるとされています。
基礎代謝が上がると、脂肪燃焼効果が得られじっとしているだけでも痩せやすくなります。運動をすれば、さらにより高い脂肪燃焼効果があります。

むくみ解消効果が得られる

白湯で体が温まることで血流がよくなります。
心臓から送り出された血液は動脈を通り体のあらゆる毛細血管を流れます。
このとき9割が静脈に戻りますが、1割はリンパ管に入っていきます。リンパ管に入るのは血液の中に一部存在する老廃物などの水分です。
血流が滞るとリンパ管に入る水分が溜まってしまい、リンパの詰まりが起こってしまいます。血流をよくすることで、リンパの流れもよくなり、結果としてむくみが解消されます。

デトックス効果が得られる

体になじみやすい白湯を飲むことで、尿量が多くなったり、硬かった便が柔らかくなり
便秘の解消につながります。内臓に溜まった老廃物や毒素を流すことができるため、
肌のターンオーバーが促進され美肌につながります。

白湯はいつ飲めばいいの?

白湯を飲むには効果的なタイミングがあります。

朝、起きてすぐ

人は眠っている間に汗をかきます。寝起きの体は水分不足の状態です。
血液もドロドロになりがちなので、白湯を飲むことで水分補給をし血液の流れをよくすることができます。冷たい水ではなく適度に温かい白湯を飲むことで、内臓に刺激を与えず体を覚醒させることができます。

食事の前

内臓を温めることで消化機能が促進され、栄養の吸収がよくなります。
また食欲を抑えることができるため食べ過ぎを防ぐことができます。

寝る前

ゆっくりと体をあたためることで副交感神経の働きを促し、質のよい睡眠をとることができます。睡眠中の水分不足を防ぐことができます。

白湯を飲むときに気をつけることは?

体にいいとされる白湯ですが、ただやみくもに飲めばいいというものではありません。
より効果を得るために以下のことには気をつけましょう。

飲み過ぎない

白湯を飲むことに慣れてくると、口当たりがいいためつい飲み過ぎてしまいます。
水分過多は内臓に負担をかけ、むくみを発生させてしまいます。
1回200ml程度、1日800mlを目安に摂取するようにしましょう。

人肌より少し熱めの温度にする

体を温めるためにと高い温度のものを飲めばいいというわけではありません。
内臓に刺激を与えないように人肌よりも少し熱めの50℃程度の白湯にしましょう。

食後すぐは避ける

食事で水分や食べ物を摂っているうえで白湯を飲むと、消化不良や下痢の原因となります。食後30分以上経ってから飲むようにしましょう。

正しい白湯の作りかたは?

やかんで沸騰させたお湯を自然に冷ましてつくるのが望ましいとされています。

1.やかんに飲む分だけの水を入れる
2.蓋をしたまま強火にかけ沸騰させる
3.沸騰したら蓋を外し、弱火にして10~15分沸騰させ続ける
4.カップに注ぎ人肌よりも少し熱い50℃ぐらいになるまで冷ます

蓋を外して沸騰させたままの状態を保つことで、水に含まれる不純物が取り除かれ
体にやさしい白湯を作ることができます。

時間のない場合は電子レンジで作ることもできます。

1.カップに飲むだけの水を入れる
2.500Wで2分、600Wの場合は1分30秒温める
3.人肌よりも少し熱い50℃ぐらいになるまで冷ます

白湯は「一度温めたお湯を冷ましたもの」=『湯冷まし』です。
一度作ったものをまた温めなおすことは避けましょう。

手軽に毎日の生活に取り入れることができる白湯でダイエットできればうれしいですよね。
私も久々に白湯ダイエットにチャレンジ中です。

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 白湯ダイエットで痩せる

仁依菜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. niina より:

    SECRET: 0
    >mioruさん
    こんにちは。コメント・応援ありがとうございます!
    白湯の良さ、なかなかすごいですよね。
    またぜひ見に来てくださいね。

  2. mioru より:

    SECRET: 0
    こんにちは。
    ランキングサイトからお邪魔しました。
    白湯の良さが理解できました。
    >一度作ったものをまた温めなおすことは避けましょう。
    ここもポイントだったんですね。
    勉強になりました。
    応援ポチっとさせていただきますね。