骨盤の歪みをセルフチェックしましょう!骨盤が歪むと下半身が太ります

ダイエット

 

お腹周りにプヨプヨとした贅肉がついている・・・そんなお悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか。

よく見てみると男性と女性ではお腹周りでも脂肪のつき方が異なります。

男性はまさしくお腹の中心であるおへそ周りに脂肪がつきやすく、女性は下腹にだらーんとした脂肪がつきやすいのです。

 

これは、男性は内臓脂肪がつきやすく女性は皮下脂肪がつきやすいためと言われます。
日本人女性は遺伝子的にも下腹に脂肪がつきやすいのだそうです。

 

下腹に脂肪がついてしまう原因としては、

 

筋力の低下・脂肪の蓄積・骨盤の歪み

 

があげられます。

 

特に骨盤の歪みがあると、姿勢が悪くなり体全体のバランスが崩れます。

今日は骨盤の歪みを正すことで痩せやすくなることについてお伝えします。

 

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。
←ぜひポチポチッと応援お願いします!

 

スポンサーリンク

骨盤の歪みが下半身を太らせる原因

 

人はなかなか左右対称のバランスを保ったままではいられません。

背筋を伸ばし、筋肉に力を入れてよい姿勢を保つ努力をしなければならないからです。

 

ついついラクな姿勢、つまり左右のどちらかに体重が偏った姿勢で過ごすことが多くなります。

体重がどちらかに偏った体のバランスが崩れた状態のままで過ごすと、体は不安定なバランスをなんとか支えようと歪みます。

歪みがひどくなればなるほど、お腹周りや骨盤周り、さらには下半身へと脂肪がつきやすくなってしまいます。

 

お腹周りなどに脂肪がつくと、運動することが億劫になり筋力が落ちて代謝が悪くなります。

するとさらに脂肪がついていく・・・負のスパイラルに突入です。

 

また、体が歪んでいると血液の巡りが悪くなり、慢性的な肩こりや頭痛、冷え性を発生させます。

普段から猫背の方、座っているときについ足組みをしてしまう方、鞄をいつも同じ側で持ってしまう方などは体に歪みがあるかもしれません。

 

体の歪みを整えることでいきなり脂肪が減るわけではありませんが、正しい位置に筋肉がつくことで効率よくエネルギーを消費する体になり、美しいボディーラインを手に入れることができます。

 

スポンサーリンク

あなたの骨盤は大丈夫?骨盤の歪みをセルフチェック

 

とくに下腹に脂肪がついてしまう原因としてあげられる骨盤の歪みについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

まずは、骨盤がどれぐらい開いているかをセルフチェックしてみます。

 

1.床やベッドの上など平らなところに仰向けに寝ます。
2.左右のかかとをつけ、体を真っ直ぐにします。

 

さて、両足のつま先の間の角度はどうなっていますか?

ご家族がいればチェックしてみてもらってください。

一人暮らしの場合にはスマホのカメラなどで撮影してみるといいかもしれませんね。

 

・45度より狭い・・・骨盤は開いていません。大丈夫です。
・45度より広い・・・骨盤が開き気味です。要注意です!

 

骨盤が開き気味の場合、歪みが発生している可能性もあります。

冷えや下半身のむくみ、生理不順や生理痛、便秘などの症状は歪みを解消すると改善されるかもしれません。

 

スポンサーリンク

歪みを改善する骨盤スクワットのやり方

 

上記のセルフチェックで骨盤の開きを確認し、要注意となった場合は骨盤スクワットで歪みを改善していきましょう。

 

1.つま先を外側に向け、両足を肩幅に開きます。

2.背筋を伸ばし上半身が前後に倒れないように気をつけながら、45秒かけて腰を
落としていきます。その後、15秒かけて元の位置に戻します。

3.両足は肩幅に開いたまま、つま先を内側に向けます。

4.背筋を伸ばし上半身が前後に倒れないように気をつけながら、45秒かけて腰を
落としていきます。その後、15秒かけて元の位置に戻します。

5.そのままの姿勢で、背筋を伸ばしお尻を突き出さないようにして15秒かけて
前傾し、ゆっくりと元の位置に戻します。

1~5の流れで1日1回を目安に行います。

 

1週間毎日続けたら、3日間は休んでください。

腰を落とす際には無理をしないで徐々に深く落とすようにしてください。

 

体の歪みを整えて、すっきり美ボディーを手に入れたいですね。
さあ、今日から骨盤スクワットをやるぞ!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪

仁依菜

コメント