ダイエット食品で置き換えダイエットにチャレンジするための正しい法則

ダイエット

 

あなたは置き換えダイエットに挑戦したことはありますか?

もしかすると、今まさに挑戦中という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

置き換えダイエットとは1日の食事の1回~2回をダイエット食品に置き換えることで体重を落とす方法です。

 

最近では、ドリンクタイプだけでなくシェイクやスープ、リゾットやパスタなど様々なタイプのダイエット食品が販売されています。

味も豊富にあることから、飽きずにダイエットを行うことができると取り入れている方も多いのではないでしょうか。

いつもの食事をダイエット食品に置き換えるだけなのでお手軽に行えるダイエット方法です。

 

しかし、手軽さゆえに失敗もしやすいダイエット方法でもあります。

では、より効果を上げるためにはどの食事を置き換えるのが良いのでしょうか。

 

今日は置き換えダイエットについてお伝えしたいと思います。

 

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。
←ぜひポチポチッと応援お願いします!

 

スポンサーリンク

夕食をダイエット食品に置き換えて効果を引き出す

 

置き換えダイエットで最も効果を上げやすいのは夕食を置き換えることだと言われています。

 

夕食後は体を動かすことがあまりなく、大きなエネルギーを必要としません。
その一方で、宴会やお付き合いで夕食が一番豪華で高カロリーの食事になってしまうことが多く、おのずと太りやすい生活になりがちです。

そのため、夕食をダイエット食品に置き換えると大幅なカロリーダウンとなり最も効果があると思われます。

 

私は毎年夏頃になると、シェイクタイプのダイエット食品を使用して置き換えダイエットにチャレンジします。

朝食代わりに置き換える時もありますが、やはり夕食を置き換えた方が即効性があります。

夕食をダイエット食品に置き換えると、翌朝目覚めたときに空腹感をしっかりと感じます。前の日の夜に比べて体が軽いという感覚を覚えることが多いです。

 

ただし、ここで忘れてはいけないポイントがあります。

夕食をダイエット食品に置き換えた場合は、特に朝食はバランスのよい食事を摂るようにしましょう。

 

忙しい朝はつい朝食をおろそかにしがちです。

しかし、夕食をダイエット食品に置き換えした場合、翌日の朝食をしっかりと摂らないと栄養不足になってしまうため、1日を快適に過ごすことができなくなるばかりか体調を崩す恐れがあります。

夕食をダイエット食品に置き換えるのならば、朝・昼の食事はしっかりと栄養を摂ることを意識しましょう。

 

スポンサーリンク

他の食事を抜かないことが置き換えダイエット中の鉄則

 

毎日夕食をダイエット食品に置き換えられないこともあるでしょう。

もちろん朝食や昼食をダイエット食品に置き換えても効果は得られます。

 

いずれにせよ、他の食事も含めてバランスよく栄養摂取できるようにしましょう。

置き換えに使うダイエット食品には様々な栄養素が含まれていますが、全ての栄養素を含んでいるわけではありません。

ダイエット食品だけでは不足しがちな栄養素をその他の食事でしっかりと摂るよう心がけましょう。

 

ダイエット中だから1日2食の生活にして、しかもそのうちの1食はダイエット食品のみなんて食生活では、体重は落ちてもその後の体調まで崩しかねません。

ダイエットのために健康を損なっては意味がありませんからね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

手軽に取り入れることができるダイエット食品は、上手に使えば体重をコントロールすることに効果を発揮してくれます。

 

ただし、なかなか全ての栄養素を含んでいるものはありません。

極端な食事制限では体重や体脂肪率を一時的に落とすことはできても、元の食生活に戻した時点ですぐにリバウンドしてしまいます。

ましてや、体が少ないエネルギーでの生活に慣れてしまっていると、普通の食事に戻しただけで大幅なカロリーオーバーとなり、以前よりも太るなんてことが起こりがちです。

 

ダイエット食品による置き換えダイエットにチャレンジするときは、決して無理をすることなく、置き換えた食事以外の2食をしっかり摂ることで栄養のバランスを保つようにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪

仁依菜

コメント