【ダイエッターの本音】ダイエットはしたいけどバストサイズは落としたくない

ダイエット

 

ダイエットを続けて1年と8ヶ月あまり。

このブログでご報告しているように昨年は68kgからマイナス15kgのダイエットに成功し、今年も継続していることで52kg前後の体重を保つことができています。

 

このダイエット期間中、体重・体脂肪率の数字についてはブログを通じて世界に発信してしまっているわけですが、バストやウエスト・ヒップのサイズについては触れてきていません。

おそらく今後も細かい数字に触れることはありません。

ただ、ダイエッターの本音をちょっとぶっちゃけてみようかと思います。

 

その1つが

 

ダイエットはしたいけど、バストサイズは落としたくないの!!

 

世の中のダイエット中の方が全てそうだとは思いませんが、多くの女性ダイエッターの方には共感していただけるのではないでしょうか。

 

実際にバストサイズをほとんど変えずにダイエットを続けています。

今日はバストサイズを落とすことなくダイエットするポイントをお伝えします。

 

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。
←ぜひポチポチッと応援お願いします!

 

スポンサーリンク

食事制限だけのダイエットでは胸から痩せてしまいます

 

ダイエットを始めるときに1つ決めたことがありました。

それは、バストサイズはできるだけ落とさないということです。

 

ふくよかな方(あえて太っているというのをオブラートに包みましたねw)は胸が豊かな場合が多いものです。

ウエストやヒップといった部分から細くしたいと思っていても、ダイエットをすると胸から落ちる、場合によっては胸だけ落ちるということをよく聞きます。

 

バストサイズが落ちると、上半身の印象が随分と変わります。

女性らしい体の特徴のひとつがバストです。

大きすぎて悩んでいるという方もいますが、どちらかというと小さいのが悩みの種だという人のほうが多いのがバストサイズに関する女性の悩みです。

痩せたいけれど胸が小さくなるのは困るというのが女性ダイエッターあるあるの1つですね。

 

印象だけでなく、実際に下着のサイズも変わります。

洋服であれば大は小を兼ねるということも多少あります。しかし、下着となるとそうはいきません。

 

バストサイズが変わってしまうと、下着を買い換えなくてはならないというのは、女性ダイエッターにとってはうれしい悩みだったりします。

ただ、やはり下着に関しては毎日使うものなので、それなりに枚数が必要です。

それらを全て買い換えなくてはならないとなると、経済的な負担もそれなりにかかってしまうのです。

 

ダイエット方法によっては胸だけがサイズダウンしてしまうかも

 

ダイエットをするということは体についている余分な脂肪を落とすということです。

バストといえば、脂肪のかたまりのようなものです。

ダイエット方法によっては、この脂肪のかたまりであるバストが真っ先にサイズダウンしてしまいます。

 

それが、食事制限だけで痩せようとした場合です。

 

ダイエットのために野菜中心でカロリーの摂取を極端に抑えた食生活にすると、脳は蓄積された脂肪をエネルギーに変えて体の機能を維持させようとします。

お腹周りやお尻などのサイズダウンしてほしい部分の脂肪が優先的に使われればいいのですが、残念ながら胸の脂肪のほうが先に利用されてしまいます。

バストサイズは落ちるのにウエストやヒップはそのままということに食事制限だけでのダイエットでは陥りがちです。

 

食事制限と運動を組み合わせたダイエットを行うと、この状態を避けることができます。

とはいっても、やみくもに運動をすればいいというわけではありません。

運動のポイントを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

痩せたい部分は運動で細くするイメージをしよう

 

ダイエットをして細くしたい部分といえば、ウエストやヒップ、太ももといったパーツです。

できればバストのサイズは変えずにダイエットをしたいですよね。

 

つらい運動はしたくないので食事制限だけでダイエットをしようとすると、すでにお伝えしたように胸の脂肪が先に使われるためウエストやヒップのサイズはなかなか変わりません。

ウエストやヒップ、太ももについては、脂肪もつきやすい部分ですが鍛えれば筋肉がつく部分でもあります。

 

筋肉をつけることでサイズは大きく変わらなくても引き締まった印象に変わるため、見た目としては細くなったように感じます。

また、筋肉は動かすことでよりエネルギー消費をするため、どんどんと痩せやすい体になります。

結果的にダイエットを成功させるためには、やはり筋肉をつけることは欠かせません。

 

食事制限をどんなにがんばっても筋肉はつきませんよね。

筋肉をつけることを目的に、細くしたいウエストやヒップ、太ももを動かす運動をしましょう。

具体的にはウォーキングランニングスクワットなどがウエストやヒップ、太ももを動かす運動の代表です。

 

スポンサーリンク

まとめ:バストサイズは変えずにダイエットできます

 

今日はバストを小さくしないでダイエットをする方法についてお伝えしました。

 

女性ダイエッターの本音として、やはりバストサイズは変えずにダイエットできればこんなにうれしいことはありません。

 

そのためのポイントは、

 

ダイエットは食事と運動の両面からアプローチする

 

ことです。

 

おっと、もうひとつ大事なポイントをお伝えすることを忘れていました。

運動をすると脂肪が筋肉に変わります。

ということは、バストの脂肪も動かすと筋肉になろうとします。

しかし、女性の場合は男性と比べて胸の筋肉が発達しにくいため、バストサイズはどうしても落ちがちです。

とくにランニングなど胸の脂肪が上下に大きく動く運動をすると、バストの脂肪はどんどん落ちていきますが筋肉がつかずにサイズダウンしてしまいます。

 

運動をするときには、バストの位置をしっかりホールドするタイプの下着をつけて行いましょう。

バストの脂肪は揺らさないという気持ちで運動をしていくと、胸のサイズを大きく変えることなく他の部分を細くすることができますよ。

 

体重は落としても女性らしい体型は維持したいですよね。

とくにバストサイズは落とさずにダイエットをしたいという場合は、食事制限と運動を必ずセットで行いましょう。

 

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!

仁依菜

コメント