ぎやまん陶の美しさに魅せられて憧れのカネコ小兵製陶所に行ってきました

giyamantou - ぎやまん陶の美しさに魅せられて憧れのカネコ小兵製陶所に行ってきました

ぎやまん陶という器をご存知ですか?

私が初めてこの美しい器に出会ったのは、今から5年ほど前のことでした。

まさに一目惚れという言葉がぴったりで、

「いつか絶対にこの器を買う!」

と強く思いました。

それまで、中国茶を淹れるための茶器には興味を持つことがあっても、和食器にそこまで強いこだわりがなかった私にとって、ぎやまん陶はなぜかとても強い印象が残り、年に1~2回はその器を扱っているお店に足を運んでいました。

そして今年、よくよく調べてみるとこのぎやまん陶の窯元が我が家から車で30~40分の距離にあること、そして、毎月第一土曜日だけその窯元直営のお店がオープンすることを知りました。

知ってしまったら・・・行くしかないでしょ♪

というわけで、先日ついにぎやまん陶に会いに窯元であるカネコ小兵製陶所さんへ行ってきました。

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - ぎやまん陶の美しさに魅せられて憧れのカネコ小兵製陶所に行ってきました←ぜひポチポチッと応援お願いします!

////////////////////////// // // //////////////////////////

ぎやまん陶はこんな器です

窯元であるカネコ小兵製陶所さんのホームページ(http://www.ko-hyo.com/)には、ぎやまん陶についてこのように説明がされています。

「ぎやまん」は、江戸時代から明治初めにかけて用いられたガラスを意味する外来語です。ガラスのような透明感ある質感と、漆器を思わせる深みのある風合いを「やきもの」で表現し「ぎやまん陶」と名づけました。ガラスと間違えるほどの輝きをもち、料理を盛ったとき、料理がいっそう映えます。

漆ブラウン・茄子紺ブルー・利休グリーンと名付けられた3色で展開されていましたが、この7月からは墨ブラックが仲間入りしました。

窯元であるカネコ小兵製陶所は1921年に創業され2020年には創業100年を迎えるそうです。

かつては日本一の徳利の生産量を誇ったのだとか。

現在は生活者の視点に寄り添った新しいやきもの作りに挑戦されています。

私が窯元で月1回だけオープンするショップ「窯や小兵」を訪れた7月7日は、墨ブラックのぎやまん陶のお披露目会が開催された日でした。

私が5年前に初めて見たぎやまん陶は漆ブラウンの高台デザート皿でした。

それからずっと最初に買うぎやまん陶は漆ブラウンの器にしようと思っていました。

・・・がっ!!

どんどん夏に向けて気温が高くなる時期にカネコ小兵製陶所のホームページを見ているうちに、「茄子紺ブルーの器も素敵!いやいや、利休グリーンも渋カワイイ!!」とトキメキは高まるばかり。

これはもう、すべてのぎやまん陶を見ることができるという窯元敷地内のショップで本物を見て選ぶしかありません。

////////////////////////// // // //////////////////////////

見て触って体験するギャラリーショップ「窯や小兵」

毎月第一土曜日にだけオープンする窯元の敷地内にあるギャラリーショップ「窯や小兵」では、毎月趣向を凝らした器の使い方を提案する体験試食会などを開催しています。

私が訪れた日には杏仁豆腐が振舞われていました。

giyaman 3 300x300 - ぎやまん陶の美しさに魅せられて憧れのカネコ小兵製陶所に行ってきました

茄子紺ブルーには白い食材が映えるんです♪(杏仁豆腐おいしかった!)

やはり夏はこの涼しげな濃紺の器に色々と盛り付けたい!!

杏仁豆腐をいただきながら、私の心は茄子紺ブルーの器を購入することに決めていました。

どのお皿にしようかな・・・。小鉢もいいな・・・。やっぱり大皿が一枚欲しいかな。

あれこれ悩みながら、店員さんといろいろ話をし、パートナーさんにも相談して八寸皿を購入することにしました。

giyaman 1 300x300 - ぎやまん陶の美しさに魅せられて憧れのカネコ小兵製陶所に行ってきました

これならワンプレート朝食にも活躍しそうです♪

giyaman 2 300x300 - ぎやまん陶の美しさに魅せられて憧れのカネコ小兵製陶所に行ってきました

この美しさは溜息ものです

いろいろと相談をした店員のみなさん、日頃は釉薬を塗ったりしている職人さんたちなんです。

作り手の方たちと直接お話をする機会というのもあまりないので楽しいひと時でした。

社長さんをはじめ、職人さんたち皆さんがとてもフレンドリーでなんだかほっこりした気分になれたのも素敵な体験でした。

なによりも、すべてのサイズ・形のぎやまん陶に出会えるというのはなかなかない機会です。

思わず小皿から大皿まで全部揃えたいと思ってしまいました。

これから少しずつ揃えていくことになりそうです。

////////////////////////// // // //////////////////////////

日常の器だからこそ使うことに価値がある

ぎやまん陶はガラスのような繊細な美しさを持ちながら、温める程度の電子レンジも食器洗い乾燥機も使えます。

その美しさを目で楽しみながら、日常的に使用する器なのです。

我が家ではさっそく朝食時に活躍しています。「仁依菜さんちの朝ごはん」の記事でこれからどんどん登場することになりそうです。

giyaman 4 300x300 - ぎやまん陶の美しさに魅せられて憧れのカネコ小兵製陶所に行ってきました

和食にも洋食にも使えそうで楽しみです♪

車がないと訪れるのは難しい場所ではありますが、やきものがお好きという方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

もちろん全国に取り扱いの店舗もあるようですし、窯元であるカネコ小兵製陶所さんのホームページ上にはオンラインショップもありますよ。

株式会社カネコ小兵製陶所:http://www.ko-hyo.com/

〒509-5202 岐阜県土岐市下石町292−1

土岐南多治見I.C.から7分

JR中央線・土岐駅から車で15分

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - ぎやまん陶の美しさに魅せられて憧れのカネコ小兵製陶所に行ってきました

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする