富士山と桜とハンバーグを満喫してきました!!

Mt Fuji e1522778728839 - 富士山と桜とハンバーグを満喫してきました!!

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 富士山と桜とハンバーグを満喫してきました!!

こんにちは!仁依菜です。

4月1日の日曜日は穏やかな晴天に恵まれ、まさにお花見日和の1日でした。

ちょっと遠くまで足を伸ばしてお花見に行ったという方もいらっしゃったのではないでしょうか。

かくいう私も、お花見のために少々遠くまでドライブをしてきました。

その距離、片道およそ200km(どこが少々なんだかwww)

以前から行きたいと思っていた場所に、念願叶って行ってまいりました。

あまりにも美しく、「なんだかご利益がありそう」と思わずにはいられない風景だったので、本日のブログ記事としてみました。

どうぞご覧くださいね!

////////////////////////// // // //////////////////////////

「いつか行きたい」を「今、行きたい」に変えてみよう

私が以前から行きたいと思っていた場所…その名は富士山本宮浅間大社です。

ちなみに、富士山本宮浅間大社について詳しくはこちらをどうぞ。

富士山を神体山として祀る神社であり、境内は以下の2宮からなる。
  • 本宮 – 富士山南麓(富士宮市街地)
  • 奥宮 – 富士山頂上

浅間大社は全国の浅間神社の総本社であり、富士信仰の中心地として知られる。境内は広大で、本宮社地で約17,000m2になるほか、富士山の8合目以上の約385万m2も社地として所有している。本宮の本殿は徳川家康による造営で、「浅間造」という独特の神社建築様式であり、国の重要文化財に指定されている。また、本宮境内には富士山の湧水が湧き出す「湧玉池」があり、国の特別天然記念物に指定されている。

祭神を木花之佐久夜毘売命とし、祭神にまつわる桜を神木として境内には約500本もの桜樹が奉納されている。また、古来より富士氏が大宮司を務め、「日本三大宮司」の1つに数えられた。古くより朝廷・武家からの崇敬が深かったほか、社地は大宮・村山口登山道の起点に位置することもあり、古くから登山を行う修験者からの崇敬も受けていた。

〔出典:Wikipediaより〕

富士山本宮浅間大社のことを知ってからというもの、いつか行きたいとずっと思い続けてきました。

しかし、できれば桜が満開の時期に行きたい!という思いが強く、なかなかタイミングが合わなかったのです。

ただ、最近は昨日のブログ記事でも書いているように

人生、やりたいことはやらなきゃダメ!!

と強く感じていて、行きたいところや見たいもの、挑戦したいことには積極的に関わっていこうと思っています。

そのため、今まで「いつか行きたい」と思っていたこの場所も「今、行きたい」という思いに変えることにしました。

だからこそ、この2週間ぐらいの間はずっと桜の開花情報とにらめっこをしていました。

だって今年は桜の開花が全国的に例年よりも早く、3月中にも満開になりそうな勢いなんですもの。仕事が休みの日で桜が満開の時期と重なるタイミングはどこか…とずっと考え続けました。

桜が開花し始めてからは、天気予報を見ては花散らしの雨が降らないことを願いつつ、4月1日ぐらいがちょうど満開になりそうだと知り、日程を決めました。

////////////////////////// // // //////////////////////////

富士山と桜の組み合わせは何故か心が洗われる

静岡県富士宮市にあるこの富士山本宮浅間大社まで、我が家からは新東名高速道路を使って約2時間半のドライブです。

当日のパートナーは岐阜県のサーキットに走りに行く予定で、「一緒に来る?」と誘われたのですが、

「絶対この日がベストなはずだから、ちょっと富士山まで行ってくる!」

と、別行動を決めました。

2時間半の快適な新東名高速道路のドライブを楽しんで到着した富士山本宮浅間大社は、まさに桜満開の絶好のお花見スポットです。

富士山と桜、時折はらはらと散る桜の花びらと社殿の赤のコントラストは

「あぁ、日本人に生まれてよかった」

となぜか思ってしまう美しさでした。

fujitosakusa 300x300 - 富士山と桜とハンバーグを満喫してきました!!

富士山の富の字は冨なのね…

honden 300x300 - 富士山と桜とハンバーグを満喫してきました!!

美しい佇まいの社殿です

syaden 300x300 - 富士山と桜とハンバーグを満喫してきました!!

桜のピンクと社殿の朱色が鮮やか

私、熱心な御朱印フリークではないのですが、大きな神社に行くときは御朱印帳を携えて参拝します。

というわけで、今回は御朱印もいただいてきました。

gosyuin 300x300 - 富士山と桜とハンバーグを満喫してきました!!

ちなみに御朱印をお願いすると、こんな番号札で順番待ちをすることになります。

bangoufuda 300x300 - 富士山と桜とハンバーグを満喫してきました!!

ちょっと…この富士山、かわいいw

年度初めでもある4月1日。折りしもこの日は大安です。

雲ひとつない青空と真っ白な雪を被った富士山を眺め、満開の桜に囲まれた富士山本宮浅間大社に御参りして、気合いを入れなおしてきました。

////////////////////////// // // //////////////////////////

もう1つ絶対に外せないもの・・・その名は「さわやか」

富士山と桜と富士山本宮浅間大社に私の心は浄化され穏やかな気持ちで帰路につく・・・

その前に!!

静岡までドライブしたからには、絶対に寄らなければならないところが私にはあります。

その場所の名は

炭焼きレストランさわやか

静岡県内に31店舗を展開するファミリーレストランです。

静岡県内にしかないんです。

なのに、その知名度は全国区?!全国から「さわやか」を訪れるお客様がいるといわれています。

私もいろいろな目的で静岡県を訪れることがありますが、その度につい「さわやか」に立ち寄ってしまいます。

富士山本宮浅間大社がある富士宮市といえばB級グルメの王様ともいえる「富士宮やきそば」があるにも関わらず、私は当然のようにナビで「さわやか」を検索し、いそいそと向かいました。

ファミレスといってもメニューがそんなに豊富なわけでもありません。

だって、ほとんどの人が注文するのが、このお店の代表的なメニューである

げんこつハンバーグ もしくは おにぎりハンバーグ

なんです。ちなみに、げんこつとおにぎりの違いはお肉の量。

げんこつは250g、おにぎりは200gです。(ということで、みんな食べているのは同じものw)

sawayaka 300x300 - 富士山と桜とハンバーグを満喫してきました!!

げんこつハンバーグをおいしくいただきました♪

似たようなハンバーグは他の全国チェーン店にもありますよ。

でもね、やっぱり「さわやか」は別格です。

静岡県の袋井市に工場があり、工場から直送されたハンバーグは各店舗に届いたその日に使い切るのが原則というのが「さわやか」のルールなんだとか。

工場から直送できる距離に限界があることから、静岡県内にしか店舗がないのです。

熱々の鉄板にぎゅーーーっと押し付けて表面はしっかり焼かれているものの、中はレアな状態で提供されるハンバーグは、肉の甘みを存分に感じられるこの店でしか食べられない美味しさです。

ソースは「たまねぎソース」と「デミグラスソース」の2種類がありますが、ほとんどの人が注文するのが「たまねぎソース」なんだとか。

もちろん私も「たまねぎソース」を選ぶことしか頭にありませんでした。

日曜日のファミレスといえば…えぇ、ご家族揃って来店されるお客様ばかりですとも。

もちろん仲良しカップルとか、男性のおひとり様のお客様とかもチラホラいましたが、さすがに女性のおひとり様は私だけでしたwww

人生、やりたいことはやらなきゃダメ!!(本日2度目)

しっかり美味しくいただいてから、安全運転で帰路につきました。

さわやかさん、お願いだから愛知県に出店してください!!!

まとめ:神聖な気持ちと俗な気持ちが入り乱れ…

富士山を見て、桜を眺めて、富士山本宮浅間大社でとても神聖なものに触れた気持ちになって「あぁ、日本人でよかった」とすら思えたのに、すぐその後に美味しいハンバーグを目の前に出され「やべっ、ウマイ!!」と思いっきり俗にまみれるという心の変化。。。

人の心というのは本当に不思議なものですね。

いずれにせよ、とても心身ともに満たされた休日でした。

ぜひ機会がありましたら訪れてみてはいかがでしょうか。

あっ、ちなみに富士山本宮浅間大社に最寄りの「さわやか」は車で15分程度で行けちゃいますよ♪

※全くの余談ですが…本日のブログ記事の写真はすべてiPhone Xのカメラで撮影し、加工なし(切り取りだけはしています)の状態です。なかなか綺麗に撮れたものだと驚きです。

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 富士山と桜とハンバーグを満喫してきました!!

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする