冬至の日に食べるのはかぼちゃ?それとも・・・?12月22日は冬至です

健康

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!

 

こんにちは!仁依菜です。

 

今日は12月22日。冬至です。

冬至といえば、柚子湯に入ってしっかり体を温めるというのが古くからの習わしです。

 

このブログでは、毎月季節湯の楽しみ方をご紹介する記事を掲載しています。

 

柚子湯については

 

冬至は柚子湯でぽかぽかに|季節の移ろいをお風呂で感じる季節湯のすすめ_4

 

という記事で詳しくご紹介しています。ぜひお読みくださいね!

 

ただ、今年は夏に降った雹(ひょう)や秋の台風の影響で、柚子の出荷量が全国的に減っているのだとか…。自然の影響なので仕方がないのですが、柚子湯はお預けということにもなりそうです。

 

その一方でもうひとつ、冬至といえばと言われる野菜があります。

それは かぼちゃ です。

今年の冬は昨年に比べてかぼちゃの値段が下がっているようです。

 

なぜ冬至にかぼちゃを食べるのかご存知ですか?

今日は冬至にぜひ食べたいかぼちゃについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

冬至に食べる冬至の七種(ななくさ)

 

冬至の日のことを「一陽来復(いちようらいふく)」とも呼びます。

一陽来復とは、悪いことが続いた後にやっと幸運が巡ってくること、また、冬が終わり春がやってくることを表します。

 

冬至の日は北半球では1年で一番夜が長く昼が短い日です。

この日を境にだんだんと昼が長くなるため、これから運が上がってくる日だと考えられているのですね。

 

そんな冬至の日には「ん」のつく食べ物を食べると運が呼び込めると考えられています。

かぼちゃは漢字で書くと南瓜(なんきん)です。

南の文字が入っていることから、北(陰)から南(陽)へ向かうことを願ってかぼちゃを食べるのですね。

 

かぼちゃ(なんきん)に加えて、

 

れんこん・にんじん・ぎんなん・きんかん・かんてん・うんどん(うどん)

 

の合わせて7つを冬至の七種(ななくさ)といいます。

 

全てに「ん」が2回ずつ入っていますよね。

これは運が2倍でもらえることを意味します。どうせなら2倍で運をゲットしたいですね!

 

冬至の日にはぜひ冬至の七種を意識して食べてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

運だけじゃない、冬に摂りたいかぼちゃの栄養

 

本来、かぼちゃの旬は夏です。しかし、かぼちゃは長期保存が効く野菜です。

保存技術がなかった時代には、かぼちゃを食べるのは冬の時期でもしっかりと栄養を摂るための先人の知恵だったのですね。

 

かぼちゃは緑黄色野菜の代表ともいわれます。

ビタミンA、B群、Cをはじめとして、カルシウム鉄分といったミネラルも多く含みます。

また食物繊維も豊富なので、ダイエット中にはぜひ食べたい食材です。

 

かぼちゃの栄養とダイエット効果については

 

ハロウィンには かぼちゃ を食べてダイエットする|かぼちゃのダイエット効果

 

という記事の中で詳しくご紹介しています。ぜひこちらもお読みくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ:一陽来復を願って

 

冬至の日に運を呼び込むことを願って食べるものについてお伝えしました。

 

地域によっては邪気祓いの意味をこめて小豆粥を食べることもあるようです。

小豆の赤い色が邪気を祓うのだといわれます。

かぼちゃと小豆を一緒に煮た「いとこ煮」を食べることもありますね。

 

冬至を過ぎるといよいよ寒さが厳しくなりますが、それでも少しずつ日が長くなってくるのを感じ春へ向かっていくのだなと思うようになります。

 

悪いことは続かず幸運が巡ってくるという一陽来復という言葉が私はとても好きです。

今日は「ん」のつく食べ物をしっかり食べて、運を取り入れたいと思います。

 

みなさんも「ん」のつく食べ物を探してみてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪

仁依菜

コメント