そのヨーグルトはあなたに合ってる?自分に合った乳酸菌を見つけましょう!

yogurt - そのヨーグルトはあなたに合ってる?自分に合った乳酸菌を見つけましょう!

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - そのヨーグルトはあなたに合ってる?自分に合った乳酸菌を見つけましょう!

こんにちは!仁依菜です。

健康のために毎日ヨーグルトを食べているという人は多いものです。

スーパーの陳列棚には、いろいろなメーカーの複数のヨーグルトが並んでいますね。

その中から、あなたはどんな基準でヨーグルトを選んでいますか?

値段?それとも、味?

よくパッケージを見てみると、実はヨーグルトに含まれる乳酸菌にはいろいろな種類があることに気づきませんか?

乳酸菌は現在わかっているだけで350もの種類があります。

その中のどの乳酸菌が合うのかは人それぞれ違うので、実際に摂取してみて確かめる必要があります。

家族の中でもお父さんはAの乳酸菌が合い、お母さんはBの乳酸菌が合うというように、異なる乳酸菌の方が効果があるかもしれないのです。

せっかく健康のためにと思って乳酸菌を摂取するのなら、自分に合った乳酸菌をしっかり摂りたいですよね。

今日は自分に合った乳酸菌の見つけ方についてお伝えします。

////////////////////////// // // //////////////////////////

なぜ乳酸菌は体にいいの?

乳酸菌は腸内環境をよい状態に保つ働きを持ちます。

ヨーグルトや糠漬けなどの乳酸発酵した食品やサプリメントなどを口から摂取すると、体の中で2つの役割を持つ菌に分かれます。

1つめは生きたまま腸に届き、腸内細菌のバランスを正常化させるために働く生菌といわれます。

もう1つは胃酸や胆汁によって死滅する死菌といわれます。

乳酸菌が生きたまま腸に届くというのを謳い文句にしている製品が最近は増えています。

しかし、生きたまま腸に届く乳酸菌だけでは腸内環境は整いません。

胃酸や胆汁によって死滅してしまう死菌は、腸内で食物繊維と同じような働きをします。

生菌によって活性化した善玉菌が退治してくれた悪玉菌を吸着し、外へ排出する働きをするのが死菌です。

もともと生菌が腸内に多くある人でも、死菌が少なければ腸内環境はよい状態にはなりません。

その逆も然りで、死菌は多くても生菌が少ない人は、悪玉菌を退治する力が弱いので腸内環境が整わないということになるのです。

乳酸菌は種類によってさまざまな効能や作用があります。

腸内環境を整えるだけでなく、免疫機能を高めるものもあります。

花粉症などのアレルギー症対策として乳酸菌を摂取する人も増えています。

L-55LGG株といった一部の乳酸菌には、アレルギーの原因に対するアレルゲン抗体価を低下させる効果が得られるという実験結果があります。

またLG21LC1などの一部の乳酸菌には、胃がんの原因となるピロリ菌を退治する役割があることもわかっています。

このように乳酸菌の種類によって、便秘の改善、整腸作用、コレステロール値の低下、内臓脂肪の減少、血糖値の調整、美肌効果、虫歯や歯周病の予防、がん予防など、さまざまな効果があることが分かってきています。

どのような効果を得たいのかによって乳酸菌の種類を選ぶ必要があるのです。

////////////////////////// // // //////////////////////////

自分に合った乳酸菌の見つけ方

たとえば便秘解消のために乳酸菌を摂取しようと思っても、人それぞれ効果が得られる乳酸菌は異なります。

では、どうやって自分に合う乳酸菌を見つければいいのでしょうか。

そのためには、乳酸菌の摂取の仕方、期間、結果の見極め方の3つのポイントがあります。

順に見ていきましょう。

ポイント1. 乳酸菌は食後に摂取する

乳酸菌の多くは胃酸に弱いものです。

人の体は菌やウイルスの侵入を防ぎ、体外に排出するシステムが備わっています。

その門番の役割をするのが胃の中にある胃酸です。食道を通って入ってきた食べ物を殺菌するのが胃酸の役目です。

生きたまま腸に届くタイプの乳酸菌であっても胃酸の影響を受けやすいものです。

そのため、乳酸菌を摂取するときは食事を済ませ胃酸が出た後にすると効果が高まります。

ポイント2. 同じ種類の乳酸菌を2週間以上続けて摂取する

乳酸菌は1~2回摂取したからといって即効性があるものではありません。

また、摂取する乳酸菌が本当に効果があるかを実感するのには人それぞれかかる日数が異なります。

数日間で劇的に体調が良くなることもあれば、1週間、10日以上かかる場合もあります。

少なくとも2週間は同じ乳酸菌を摂取するようにしましょう。

これは摂取した乳酸菌は1週間から2週間で体外に排出されるためです。

その期間の体調や排便の有無、おならや便の状態を確認することが必要です。

ポイント3.腸内環境を見極める

腸内環境が正常な状態になったかを見極めるには、排泄物を確認することが必要です。

健康な人の便は、80%が水分で残りの20%が食べかすと生きた腸内細菌と剥がれ落ちた超粘膜です。

コロコロと硬い便や、柔らかすぎる便は悪玉菌が優位になっている腸内環境を意味しています。

とくに水状の便のときは悪玉菌が優位な状態になっていると考えられます。

また、便秘と下痢が交互に起きる状態も、腸内環境としては好ましくありません。

乳酸菌を2週間以上継続して摂取しているのに腸内環境が改善されない場合、その乳酸菌はあなたには合っていないということです。

他の種類の乳酸菌にチャレンジしてみましょう。

////////////////////////// // // //////////////////////////

まとめ:あなたの体に合う乳酸菌を探しましょう

ヨーグルトを毎日食べるようにしているのに便秘が解消されないという話をよく聞きます。

それはきっとその人の体に必要な乳酸菌を摂取できていないためです。

人それぞれ性格や体質が違うように、腸内環境を整えるために必要となる乳酸菌は異なります。

ひとつの乳酸菌だけで合わないと諦めず、色々と挑戦してみることが大切です。

自分の体に合う乳酸菌をぜひ見つけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - そのヨーグルトはあなたに合ってる?自分に合った乳酸菌を見つけましょう!

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする