プリン体より愛を込めて!プリン体とダイエットの関係を知りましょう

purintai - プリン体より愛を込めて!プリン体とダイエットの関係を知りましょう

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - プリン体より愛を込めて!プリン体とダイエットの関係を知りましょう

こんにちは!仁依菜です。

今週の我が家は、パートナーが先週行った北海道からのお土産でカニ・ウニ・イクラが大量に届いたため、プリン体祭り絶賛開催中です。

最近は糖質オフやプリン体オフといったビールなどが売られていることから、プリン体は体に悪いものというイメージが強くついていることでしょう。

では、なぜプリン体を摂取すると体に悪いのでしょうか?

その理由をきちんとご存知の方は案外少ないかもしれません。

そして、プリン体とダイエットの関係も気になりますね。

今日は知っておきたいプリン体についてお伝えします。

プリン体って何?痛風が男性に多い理由

プリン体とは、穀物、肉、魚、野菜など食物全般に含まれる成分で、主に旨みの成分にあたります。

人の体内でも生成、分解されています。

食品からの摂取量はごくわずかで、約80%が体内で合成されるとされています。

しかし、プリン体が多い食べ物は健康に悪いとされています。

それは、プリン体の過剰摂取が痛風の原因となるからです。

痛風とは、風に吹かれただけでも痛いという症状が病気の名前になっているユニークな病気です。

西洋では古くから知られた病気でしたが、日本では明治以前まではなかったと言われています。

日本では1960年代頃から増え始め、現在では約60万人の痛風患者がいるとされています。

痛風患者のおよそ90%が男性です。

通風は尿酸値が上がることで、尿酸の結晶が関節にたまり痛みを発生させるものです。

この尿酸は腎臓から排出されるものですが、女性は女性ホルモンの影響で排泄が促されています。

そのため、痛風になるのはほとんどが男性で女性の患者さんは少ないのです。

女性の場合は閉経後に発症することが多くなります。

痛風の方は尿酸値を下げるためにプリン体の摂取量を少なくすることが必要となります。

アルコールでいえば、ウィスキーのような蒸留酒の方がビールのような醸造酒よりもプリン体は少なくなります。

とはいえ、ビール自体のプリン体含有量は100mlあたり3~5mg程度と、決して多くはありません。

それなのにビールのプリン体が問題になるのは、アルコールの作用で尿酸値が高まってしまうためです。

そのため、毎日お酒を飲む人は痛風になる危険が高くなってしまうのです。

プリン体とダイエットは関係あるの?

プリン体は痛風に大きな影響があることがわかりました。

では、ダイエットとの関係はどうでしょうか。

結論からいうと、ダイエットにプリン体は関係ありません。

プリン体が多い食べ物を摂取したからといって、体重が一気に増えるということはありません。

また、プリン体の摂取を控えたからといって、体重が減少するということもありません。

つまり、ダイエット中だからといってプリン体を制限する必要はないのです。

プリン体はすべての細胞内にあるため、肉・魚・穀物などほとんどの食品に含まれています。

旨みの成分であるため、美味しいものにはプリン体が豊富に含まれています。

プリン体を多く含む食品を見ていきましょう。

プリン体がとても多い食品(300mg以上/100gあたり)

  • 煮干し(746.1mg)
  • 鰹節(493.3mg)
  • 干し椎茸(379.5mg)
  • 鶏レバー(312.2mg)
  • マイワシの干物(305.7mg)

プリン体が多い食品(200~300mg/100gあたり)

  • 豚レバー(284.8mg)
  • 牛レバー(219.8mg)
  • 大正エビ(273.2mg)
  • マアジの干物(245.8mg)
  • マイワシ(210.4mg)
  • カツオ(211.4mg)
  • サンマの干物(208.8mg)

プリン体が少ない食品(50~100mg/100gあたり)

  • カリフラワー(57.2mg)
  • 貝割れ大根(73.2mg)
  • ブロッコリー(70.0mg)
  • 豚ロース(90.9mg)
  • 牛ヒレ(98.4mg)
  • ベーコン(61.8mg)
  • ウナギ(92.1mg)
  • ホタテ(76.5mg)

プリン体がとても少ない食品(50mg以下/100gあたり)

  • 白米(25.9mg)
  • もやし(44.7mg)
  • オクラ(39.5mg)
  • そら豆(35.5mg)
  • 冷奴(31.1mg)
  • スジコ(15.7mg)
  • イクラ(3.7mg)
  • チーズ(5.7mg)

まとめ:ダイエットにはプリン体オフより糖質オフ

プリン体は尿酸値を高めるため、痛風の方は摂取を控える必要があります。

しかし、体重の増減には関係がありません。

脂肪の蓄積に関係があるのは、尿酸値ではなく血糖値です。

そのため、コントロールすべきは糖質です。

プリン体を多く含む食品は、煮干し・鰹節・干し椎茸といった旨み成分が豊富な食品です。

これらを上手に活用し、美味しく食事をいただく方が健康的な食生活になります。

また、豚や牛のレバーは貧血予防に、イワシやカツオ、サンマといった青魚は血液をサラサラにし動脈硬化などの予防につながります。

プリン体が多いからといって避けてしまってはもったいないですね。

すでに痛風の方、もしくは痛風予備軍と健康診断で注意をされている方はプリン体の摂取を控えていただくべきものですが、ダイエット中だからといってプリン体を制限する必要はありません。

プリン体と上手に付き合っていきましょうね!

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - プリン体より愛を込めて!プリン体とダイエットの関係を知りましょう

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする