冬至は柚子湯でぽかぽかに|季節の移ろいをお風呂で感じる季節湯のすすめ_4

yuzuyu - 冬至は柚子湯でぽかぽかに|季節の移ろいをお風呂で感じる季節湯のすすめ_4

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 冬至は柚子湯でぽかぽかに|季節の移ろいをお風呂で感じる季節湯のすすめ_4

こんにちは!仁依菜です。

いよいよ12月、師走に入りました。

温かい布団から出るのに毎朝勇気が必要な季節です。

師走と聞くだけでなんだか気忙しい感じがしますし、実際に仕事が忙しくなって毎日疲れが溜まっているという人も多いのではないでしょうか。

1日の終わりにはゆっくりお風呂に入って溜まった疲れを流してしまいたいものですね。

このブログでは毎月季節湯という入浴方法をご紹介しています。

端午の節句(5月)の菖蒲湯や、冬至(12月)の柚子湯は知っていても、他の月の季節湯はあまり知らないという方が多いようです。

日本には昔から季節の食物や植物を湯船に入れて、香りを楽しみながら体を温める季節湯という入浴方法があり、菖蒲湯や柚子湯以外にも毎月、12ヶ月それぞれの季節湯があります。

今日は一番馴染みのある12月の季節湯の柚子湯についてお伝えします。

平安時代から親しまれる季節湯の習慣

季節湯の歴史は、平安時代に弘法大師 空海 が体の傷や疲れを癒す薬湯として設けたのが始まりとされています。

江戸時代には庶民にも入浴の習慣が広まり、季節の行事として薬湯も楽しまれるようになりました。

今でも銭湯などでは季節に応じたお湯を楽しむことができる場所があるようです。

12ヶ月それぞれの季節湯

11月はみかん湯についてご紹介しました。

今月はいよいよ冬至がやってきます。冬至の日に入るのが柚子湯です。

良く知られている菖蒲湯や柚子湯以外にも、毎月それぞれに季節湯がありますのでご紹介します。

< 季節湯12ヶ月 >

1月松湯
2月大根湯
3月よもぎ湯
4月桜湯
5月菖蒲湯
6月どくだみ湯
7月桃湯
8月薄荷湯
9月菊湯
10月生姜湯
11月みかん湯
12月柚子湯

それぞれの季節に旬を迎える食材であったり、季節に応じた効能が得られるような植物を使うのが特徴です。

季節を楽しむ粋な方法でもありますね。

12月の季節湯:柚子湯の楽しみ方

北半球では1年で最も太陽の高度が低くなるのが冬至です。

このため、1年の中で昼(日の出から日の入りの時間)が最も短くなり、夜が長くなります。

夜が長くなることから「死に近づく日」と捉えられ、この厄から逃れるために邪気祓いとして入浴をしました。

現代と違い、毎日入浴をする習慣が昔はなかったので、お風呂に入ること自体がお清めの意味を持つのですが、さらに香りの強い柚子を入れることでその効果を高めようとしたのだとも考えられています。

古代の中国では冬至を1年の始まりとしていました。太陽の復活の日として暦を読み、冬至はめでたい日とされています。

同じように世界各地で冬至を祝う祭りが行われます。

いずれも太陽の力が一番弱まる日が無事に過ぎ去ることを祝うものです。

一説にはクリスマスも元々各地で行われていた冬至祭とキリスト教が混じり合いできたものといわれています。

柚子湯が流行し始めたのは江戸時代の銭湯からのことです。

いまでも冬至の日には銭湯だとたくさんの柚子を浮かべてくれるところがありますね。

冬に至るという文字の通り、冬至を過ぎた頃からいよいよ本格的な寒さがやってきます。

この時期に、邪気を祓い1年の無病息災を願って柚子湯に入るのは古くから続く大切にしたい習慣です。

柚子湯の作り方

柚子湯を作るのはとても簡単です。

柚子をそのまま湯船に浮かべるだけです。

ただし、この方法では柚子の香りを楽しみという点では大量の柚子が必要になります。

そのため、輪切りにして入れる、切り込みを入れてから入れるなど、地域によっても様々な方法があるようです。

切ったものを入れる場合は、後のお風呂掃除のことを考えてガーゼなどに包んでから入れるという方法もあります。

先に搾っておいた柚子の果汁を湯船に入れてから2~3個の柚子を浮かべると、強い香りも楽しめるので自宅のお風呂でもちょっとした銭湯気分が楽しめます。

柚子湯の効能

柚子にはリモネンという精油成分が含まれています。

リモネンは柑橘系の果物に含まれる香りの成分で、リラックス効果を高めます。

リラックスした状態になることで副交感神経の働きが活性化され、血行がよくなります。

これは11月のみかんでも同じでしたね。

また、シトラールという強い香りの成分も含まれています。

シトラールは血管を弛緩させ、血流をよくする効果があります。

これにより体温が上昇し、頭がスッキリします。

柚子やレモンの香りを嗅ぐと頭がスッキリするのはこのシトラールの効果です。

柚子湯に入ると血行が促進され、全身に血液が巡るようになるため、体全体とくに手足の指先などの末端までぽかぽかと温まります。

指先の冷えやしびれにお悩みの方は柚子湯はとても効果があります。

また、しもやけやひび、あかぎれなどにも効果があるとされています。

まとめ:冬至は柚子湯で1年の健康を願いましょう

冬至の日に楽しまれる柚子湯についてご紹介しました。

季節の行事として楽しむのはもちろんのこと、柚子の香りの入浴剤を日常的なリラックス方法として取り入れているという方も多いのではないでしょうか。

冬至は日本だけでなく、世界各地でいろいろと祝う慣習があると思うと不思議な感じがします。

その中でも、柚子を湯船に入れて楽しむというのは日本ならではの風習です。

大切に守っていきたいものですね。

柚子は秋から冬にかけてが旬の果物です。

「柚子」は秋の季語ですが、「柚子湯」は冬の季語であり、まさしく冬を代表する行事の1つといえます。

2017年の冬至は12月22日です。ぜひ柚子湯を楽しんでくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 冬至は柚子湯でぽかぽかに|季節の移ろいをお風呂で感じる季節湯のすすめ_4

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする