寒い冬の日に楽しむ普洱茶(プーアル茶)はダイエットにも効果アリ?

heicha - 寒い冬の日に楽しむ普洱茶(プーアル茶)はダイエットにも効果アリ?

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 寒い冬の日に楽しむ普洱茶(プーアル茶)はダイエットにも効果アリ?

こんにちは!仁依菜です。

真冬並みの冷え込みが続いていますね。

朝、暖かい布団から出るのに気合いが必要な季節になってきました。

これまで中国茶インストラクターでもある私が夏・秋とそれぞれの季節におすすめしたい中国茶をご紹介してきました。

以前の記事はぜひこちらをお読みくださいね。

暑い夏の日におススメする水出し中国茶3選

秋の夜長に楽しみたい東方美人(オリエンタルビューティー)という名の中国茶

季節は冬になりました。

今日は寒い冬の日におすすめしたい中国茶 普洱茶の魅力についてご紹介します。

2種類ある普洱茶、あなたの好みはどちら?

中国茶を分類するとき、お湯を注いだあとのお茶の色(水色)から6つに分類されることがあります。

その種類は、白茶・黄茶・緑茶・青茶・紅茶・黒茶です。

普洱茶は黒茶に分類されます。

普洱茶の主な産地は、中国の雲南省普洱市(以前は思茅市という名)、臨倉市、シーサンパンナ・タイ族自治州です。

雲南省の代表的な特産物で、海外へ多く輸出されています。

普洱茶が作られる雲南省の隣には辛い食べ物が多いことで知られる四川省があり、パンチの効いた四川料理には普洱茶のような濃い味のお茶の方が合うのかもしれません。

日本では普洱茶といえば「カビ臭くて苦手」というイメージを持っている人が多いかもしれません。

これは実に残念なことだなと私は感じています。

おいしい普洱茶に出会うと、このイメージは一変するはずです。

実は普洱茶には2つの作り方があります。

1つは生茶と呼ばれ、もう1つは熟茶と呼ばれます。

2つとも、まずは摘み取った茶葉を緑茶として製茶します。

その後、経年変化により熟成(発酵)したものを生茶と呼び、麹菌をつけて発酵させたものを熟茶と呼びます。

近年、経年変化により30年以上発酵させた生茶はビンテージ品として珍重され、高額な値段で取引をされています。

投資目的として丸く円盤型に成型した餅茶(へいちゃ)が取引されることもあります。

ただ、値段が高いからといって高品質とは限りません。

経年変化による熟成なので、保管されている環境によって品質にバラつきがあるのが実情です。

良い条件下で保管され熟成された普洱茶(生茶)は滋味深く、口に含んだ瞬間に広がる香りがそれまでの普洱茶に持つカビ臭いというイメージを一気に吹き飛ばしてくれます。

一方、麹菌をつけて発酵させた熟茶は、生茶に比べて淹れたお茶の色が暗褐色で、まさしく黒茶と呼ぶにふさわしい見た目を楽しめるものです。

また、経年変化させた生茶のような風味を短期間で製造できるため、一般的に流通している大半がこの熟茶の普洱茶です。

しかし、この熟茶は製造される環境によって麹菌による発酵がただのカビ臭さを生む場合もあり、品質にバラつきが出てしまいます。

普洱茶=カビ臭いお茶と認識されてしまうのはとても残念なことです。

生茶も熟茶もどちらも普洱茶であり、その好みは人それぞれかもしれません。

ちなみに私は生茶の方が好きです。特に丸い円盤型に固められた餅茶を一回分ずつ削りながら淹れるのを冬の楽しみにしています。

普洱茶で痩せるって本当?!

ダイエット目的で普洱茶を飲んでいるという方も多いことでしょう。

熟茶は麹菌の作用もあり、脂肪分解効果があるとされています。

「ダイエットプーアル茶」といった商品が多く売られていますが、その多くは熟茶の成分を抽出したものだと思われます。

麹菌をつけて発酵させていることから、菌の働きで腸内環境を整えてくれるような気はします。

しかし、実際に洱茶だけを飲んで痩せるのは難しいのではないかと私は考えています。

もちろん、お茶を飲むことによる脂肪分解効果は得られるでしょう。

ただし、脂っこいものを食べたときの食後に飲めばその食べ物の脂肪分の分解を促進してくれるというレベルであり、既に体についた脂肪を直接分解してくれるというものではないと思われます。

高濃度のカテキンを含む商品には脂肪分解・燃焼効果があるとしてトクホ(特定保健用食品)の認定を受けているものがありますが、一般的な普洱茶を飲むだけで同じような効果が得られるということはないはずです。

中国茶の中でも普洱茶は発酵度が高いお茶です。発酵度の高さは体を温める効果と比例します。

寒い冬には体をしっかり温める普洱茶はおすすめです。

体を温めることで代謝が上がり、痩せやく・脂肪がつきにくい体にはなるはずです。

普洱茶を飲んだからといって劇的に痩せることはないものの体型維持には効果ありぐらいに思っていただいた方がよいのではないでしょうか。

まとめ:冬は体を温める普洱茶を飲んで過ごしましょう

私は他の人よりも中国茶を飲む機会が多い方だと思いますが、それでも普洱茶を飲むのは気温が下がってくる秋の終わりから春先にかけてがほとんどです。

やはり体を温める効果が高いことと、忘年会や新年会で脂っこいものを多くいただく機会が多くなり消化を促すためということが普洱茶を選ぶ目的です。

自然とこの時期には普洱茶が飲みたくなります。

普洱茶は1回分(約5g)をお椀型にぎゅっと固めて紙に包んだ「小沱茶(しょうだちゃ/しょうとうちゃ)」という保存と持ち運びがしやすい商品があるのも特徴です。

中国土産としてもらったことがあるという方も多いかもしれませんね。

お湯を注ぐだけで手軽に飲めるので、普洱茶の入門編としておすすめです。

尚、なぜか普洱茶はカフェインが少ないというイメージを持たれている方もいらっしゃるようですが、実際には緑茶などと同じぐらいのカフェイン含有量だと言われています。

就寝前に飲むとカフェインの作用で目が冴えてしまい眠れないということもありますので、普洱茶は食事のお供に飲んでいただくほうが良いと思います。

脂っこいものを食べたときは口の中がさっぱりしますよ。

ダイエットという観点では劇的な効果は得られないかもしれませんが、体を温める効果が高いという点ではこれからの寒い時期は免疫力を高めるためにもぜひ飲んでいただきたいお茶です。

冬はぜひ普洱茶を飲んでみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 寒い冬の日に楽しむ普洱茶(プーアル茶)はダイエットにも効果アリ?

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする