【番外編】物事を考えるスパンは3ヶ月・1年・3年

omikuji - 【番外編】物事を考えるスパンは3ヶ月・1年・3年

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 【番外編】物事を考えるスパンは3ヶ月・1年・3年

こんにちは!仁依菜です。

先日、年下の友人からこんなメールが届きました。

「3年前に姉さんからもらった星占いの本の最新版が出たので買いました」

私の周りには不思議と学生時代から蠍座の友人が多く、ちょうどこの時期はプレゼント選びに悩むのが毎年の恒例行事です。

ただ、このメールをくれた友人Nちゃんとは、会う度にどこかへ行ったときのお土産だったり、ちょっとしたプレゼントを贈りあう仲なので、誕生日だからといって特に盛大にお祝いをするということはなく、3年前の彼女への誕生日プレゼントは星占いの本でした。

私は水瓶座なのですが、宇宙だったり天体観測だったり、虹だったりと空に関することが大好きで、その流れで星占いというのは面白いものだな…と常々感じています。

もちろん、人間を12の星座というカテゴリーだけで分けて考えることは難しく、同じ星座の人が同じ運命を辿るだなんてことは考えてはいませんが、「この星座の人は○○という傾向がある」というように大きく捉えることはできるような気がしています。

友人Nちゃんに贈った星占いの本は自分の星座である水瓶座のものも買い、この3年よく読み返していました。

占いといえば1週間や1ヵ月、もしくは1年という単位で書かれていることが多いのですが、私が選んだ本は3年分の占いが書いてあるものだったのです。

Nちゃんも、ときどき読み返しては自分の行動を振り返ることに使ってくれていたようです。

その最新版が今月に入り刊行されたので、Nちゃんは早速購入したことを報告してくれたのでした。

あなたが物事を考えるスパン(間隔)はどれぐらい?

あなたは何か目標を立てるとき、どれぐらいのスパン(間隔)で物事を考えますか?

私は基本的に3ヶ月、1年、3年の3つを目安に考えるようにしています。

3ヶ月という単位で物事を考えるようになったのは、20代の頃から派遣社員として働く機会が多かったことが大きく影響しています。

職場の仕事に慣れてくると、3ヶ月を越えて半年単位などでの契約更新を打診されるのですが、私にとっては仕事というのは3ヶ月(=1シーズン)を1つの区切りとして、その期間にできることを精一杯やるというスタンスの方が合っているのです。

1年という単位で物事を考える方はとても多いのではないでしょうか。

「1年の計は元旦にあり」という言葉は、何事もまず初めに計画を立てることが大切であるという意味ですが、この言葉に基づいて元旦に1年の目標を定める人は多いことでしょう。

その後、その計画がちゃんと実行されるかは人それぞれ…ですけど(3日坊主の方、いませんかー?)

私が今年1年をかけて15kgのダイエットに挑戦しているのも、まさしく元旦に立てた計画に基づいてのものです。

さすがにこの目標は、達成をするためにはそれなりの管理が必要なものだと思ったので、1週間毎の目標や1ヵ月毎の目標を細かく立てて継続をしてきました。

その甲斐もあり、そろそろゴールが見えてきています。(最後まで頑張りますよ!)

これはまず年の初めにしっかりと計画を立てたところから始まっていると思うと感慨深いものです。

3年という少し長めのスパンで物事を考えるようにしているのは、やはり運気の流れのようなものがあるのではないかと感じるからです。

生きていると、いいときもあれば悪いときもあります

いい流れに乗っているときはどんな選択をしても良い方向に向かう気がしますし、悪い流れがきているときは良かれと思ってしたことが却ってアダになることもしばしばです。

しかし、そこで何を選ぶのかはやはり自分次第です。

自分の選択によって、その後の人生が変わるのだと思います。

私は星占いやその他の占いにどっぷりはまっているわけではありませんが、参考にはしています。たかが占い、されど占いという心境です。

今はこういう時期だから自分の直感を信じて進んでいいタイミングであるとか、誰かの意見をしっかり聞いてから判断した方がいいタイミングであるというように、その時期の傾向を知っておくことは、案外大切かもしれません。

まぁ、大抵は忘れていて後から振り返って「あぁ、そういえばそんな時期だったか?!」と愕然とするんですけどね…。

後は、3年後の自分がどうなっていたいかというイメージをすることで、大まかな1年毎の計画を立てることができるという点も、私が3年で物事を考える基盤になっています。

派遣の仕事だと3ヶ月毎の更新を繰り返して、その職場にいられるのが最長3年であるというのもこのスパンで物事を考えるようになったきっかけかもしれません。

ありがたいことにこれまでは3年の期間満了後も立場を変えて同じ職場で仕事を続けたりとしてきましたが、これからは長くても3年という気持ちでおそらく全力投球していくことでしょう。

たかが星占い、されど星占い

世の中には自分も含めていろいろな人がいて、さまざまな考え方があります。

なかにはあまりにも自分と思考の経路が違いすぎていて、相手の考えが全く理解できないということもあります。

一般的には、その理解ができないという部分を埋めるために「あの人は血液型が△型だから…」とか、「あの人は○○座の人だからね…」などと、判断基準を求めているのかもしれません。

なんとなく気が合うのを「○○座と△△座は相性がいいから」と括ることで安心しているということもあるのかもしれません。

私自身は対人関係においてはあまり占いという判断基準を求めていません。

人は血液型の4つや星座の12個というように単純に割り振れるものではないと思うからです。

人それぞれ育ってきた環境やそれまでの経験の積み重ねがあり、その影響は大きいと感じるからです。

その一方で、自分という人間も1つの宇宙の構成物に過ぎないと感じることが時々あり、そんな時には占いという概念が自分にも当てはまる部分があるのかなと思うこともあるのです。

たかが星占い、されど星占い…と思い、人を判断するのには使わないけれど、自分を俯瞰して見るときには使ってみるという考えはちょっと変わっているのかもしれません。(だって、水瓶座だもん♪)

占いなんか信じないも正解ですし、占いはいいことだけを信じるももちろん正解です。

そして、占いを信じて生活を律しているというのも、正解なんだと思います。

私は、いいことを信じて…結構忘れてしまっているタイプです。

おみくじだって、大吉だったとか中吉だったとか大まかなところだけを覚えていて、後の項目はすぐに忘れてしまうタイプですから…。

ただ、物事を考えるきっかけに星占いは面白いなと感じることは多いものです。

あなたもぜひ3年間の星占いを見てみませんか?

51Xye7bOMzL. SS160  - 【番外編】物事を考えるスパンは3ヶ月・1年・3年

3年の星占い 牡牛座 2018-2020

新品価格
¥680から
(2017/11/12 07:58時点)

0 - 【番外編】物事を考えるスパンは3ヶ月・1年・3年

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 【番外編】物事を考えるスパンは3ヶ月・1年・3年

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする