11月はみかん湯で温まろう|季節の移ろいをお風呂で感じる季節湯のすすめ_3

mikan - 11月はみかん湯で温まろう|季節の移ろいをお風呂で感じる季節湯のすすめ_3

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 11月はみかん湯で温まろう|季節の移ろいをお風呂で感じる季節湯のすすめ_3

こんにちは!仁依菜です。

日中は暖かい日もありますが、日が暮れると寒さを感じるようになってきました。

お風呂にゆっくり入って体をしっかり温めると、1日の疲れが飛んでいくような気がしますね。

入浴でしっかり体を温めると、その後に体温が下がるタイミングで心地よい眠りが訪れます。

良質な睡眠は体の免疫力を高め、風邪をひきにくい状態にしてくれます。

このブログでは毎月季節湯という入浴方法をご紹介しています。

端午の節句(5月)の菖蒲湯や、冬至(12月)の柚子湯は知っていても、他の月の季節湯はあまり知らないという方が多く、ブログへのコメントもよくいただきます。

日本には昔から季節の食物や植物を湯船に入れて、香りを楽しみながら体を温める季節湯という入浴方法があり、菖蒲湯や柚子湯以外にも毎月、12ヶ月それぞれの季節湯があります。

今日は11月の季節湯であるみかん湯についてお伝えします。

平安時代から親しまれる季節湯の習慣

季節湯の歴史は、平安時代に弘法大師 空海 が体の傷や疲れを癒す薬湯として設けたのが始まりとされています。

江戸時代には庶民にも入浴の習慣が広まり、季節の行事として薬湯も楽しまれるようになりました。

今でも銭湯などでは季節に応じたお湯を楽しむことができる場所があるようです。

12ヶ月それぞれの季節湯

10月は生姜湯についてご紹介しました。

良く知られている菖蒲湯や柚子湯以外にも、毎月それぞれに季節湯がありますのでご紹介します。

< 季節湯12ヶ月 >

1月松湯
2月大根湯
3月よもぎ湯
4月桜湯
5月菖蒲湯
6月どくだみ湯
7月桃湯
8月薄荷湯
9月菊湯
10月生姜湯
11月みかん湯
12月柚子湯

それぞれの季節に旬を迎える食材であったり、季節に応じた効能が得られるような植物を使うのが特徴です。

季節を楽しむ粋な方法でもありますね。

11月の季節湯:みかん湯の楽しみ方

みかんといえば、温かい部屋でこたつに入ってみかんを食べるというのがこれからの季節の定番ですね。

ビタミンCがたっぷりで、みかんを1日2個食べれば1日分のビタミンCを摂取できます。

みかんの白い筋は桔絡(きつらく)といい、のどに溜まっている分泌物を出す作用があります。風邪のときにのどの調子が悪くなるという方は風邪予防にみかんを食べることをおすすめします。

みかんの皮を陰干しや日干しにしたものを橘皮といい、その古いものは陳皮(チンピ)と呼ばれます。

陳皮は胃に溜まったガスを追い出し消化を助ける効果があります。

みかんの身は体を冷やしますが、陳皮には体を温める効果があります。

この陳皮の体を温める効果を手軽に実感できるのがみかん湯です。

みかん湯に入ると、なにも入れていないさら湯に比べて入浴後の体温が1時間ほど高い状態が続きます。

ゆっくりと体温が下がるタイミングで寝床に入ると心地よく眠りにつくことができます。

みかん湯の作り方

みかん湯を作るためにはまず陳皮を作りましょう。

作り方はとても簡単です。

食べ終わったみかんの皮をザルに広げて風通しのよいところに10日間ぐらい置いて乾燥させるだけです。

みかん湯にするときは、1~2握り分をガーゼなどに包み、鍋で煮出したものをお風呂に入れます。

生の皮20個分でも代用できるとされています。

しかし、一度にみかんの皮が20個分も発生することは一般家庭ではあまりないことです。

みかんを食べたら皮は干しておく…を繰り返し、貯まった陳皮10個分ぐらいをガーゼかお茶パックに入れて湯船に浮かべれば手軽にみかん湯を楽しめます。

みかん湯の効能

みかんの皮にはリモネンという精油成分が含まれています。

リモネンは柑橘系の果物に含まれる香りの成分で、リラックス効果を高めます。

リラックスした状態になることで副交感神経の働きが活性化され、血行がよくなります。

また、みかん皮は体を温める効果があるので、湯冷めをしにくくしたり、肩こりや風邪の予防、腰痛の緩和や疲労回復の効果があります。

果肉にはビタミンCが豊富に含まれていますが、皮にもクエン酸やビタミンCが含まれており、肌荒れやニキビに効果があるとされています。

また、みかんやオレンジの皮には匂いや油汚れを落とす作用があります。

体臭が気になる方や皮脂汚れが気になる方は、みかん湯を試していただくとさっぱりするのではないでしょうか。

まとめ:11月はみかん湯で風邪予防を

体を温める効果が高いみかん湯についてご紹介しました。

季節の行事として楽しむのもいいですし、日常的なリラックス方法として取り入れてみてもいいですね。

空気が乾燥し、のどの痛みを感じることも増えてくるこの季節は、みかんが持つのどを潤す効果を十分に取り入れてしっかりケアをしていきましょう。

実は私、風邪をひくときは真っ先にのどの調子が悪くなるタイプです。

声が出なくなることがよくあり、ついたあだ名はアリエル(リトル・マーメイドのね)です。

所構わずこのあだ名で私のことを呼ぶ友人がいて、知らない人には「・・・(なぜアリエル?)」と怪訝な顔をされることもしばしばあります。

のどは大切にしなければなりませんね。

これからの時期は美味しいみかんがスーパーの店頭に並びます。

みかんを食べたらとりあえず皮は風通しのよいところに干しておくと、いざという時にみかん湯を作ることができます。

みかん湯は手軽に行える入浴方法です。ぜひ試してみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 11月はみかん湯で温まろう|季節の移ろいをお風呂で感じる季節湯のすすめ_3

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする