二重あごは2週間で消せる!効果抜群の簡単エクササイズで小顔になる

ダイエット
スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!

 

こんにちは!仁依菜です。

ダイエットをしてがんばって痩せてもなかなか取れないのがあごのたるみです。

他の部分は痩せたのに顔だけは痩せず、二重あごが解消されないということはありませんか?

また、近年は体は細いのに顔だけは二重あごのせいで大きく見えるという人が増えています。

 

顔はコミュニケーションをとる時に自然と見るものです。

二重あごであるだけで、体は細くても太った印象を与えがちです。

また、実際にあごがたるんでいると顔が大きく見えてしまいます。

 

今日は二重あごを解消してすっきり小顔を手に入れるエクササイズをご紹介します。

 

スポンサーリンク

痩せているからと安心できない、二重あごになる原因

 

顔が大きく見える要因となる二重あごには、様々な原因があります。

 

理由その1:脂肪

 

太っていて体全体に脂肪がついている場合は当然ながら顔にも脂肪がつき、重力に応じて脂肪は下に、下にと下がるのであごの部分がたるみ、二重あごになります。

 

理由その2:むくみ

 

糖分の摂り過ぎや塩分の摂り過ぎなど、体の中の水分バランスを乱すような食生活を続けていると水分代謝が滞り体にむくみが生じます。

顔のむくみが慢性化すると、次第に皮膚がたるみ、まぶたが下がってきたり、二重あごになったりします。

 

理由その3:ストレートネック

 

スマホの画面を見るときにずっとうつむいたままでいるなど、姿勢が悪い状態が続くと首の骨の本来あるべきカーブが失われ真っ直ぐになってしまいます。

これをストレートネックといいます。

ストレートネックは肩こりや目の疲れ、頭痛などを引き起こすと考えられています。

そして、痩せているのに二重あごであるという方の原因も、ストレートネックであることが多いようです。

もちろん、太っている場合でもストレートネックにはなるので、二重あごに拍車をかける要因となってしまいます。

 

理由その4:表情筋の衰え

 

スマホやパソコンを見ているとき、物を書いたり編み物などをしているとき、あなたの口元はどうなっていますか?

一点を集中して眺めているときは、無意識に口がへの字になったまま表情筋の動きがなく、顔面の血行不良が起こります。

表情筋が衰えることで筋肉がハリを失い、脂肪がつきやすくなり二重あごの原因となるのです。

近年、二重あごの人が増えているのは表情筋の衰えが原因であることも多いようです。

 

スポンサーリンク

表情筋のストレッチをして小顔を手に入れましょう

 

衰えた表情筋を鍛えることで、二重あごが解消され自然と小顔に見えるようになります。

顔ヨガ(フェイシャルヨガ)という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

普段あまり使わない顔の筋肉を鍛えることで、たるみを解消し肌にハリを与えます。

二重あごの解消にも効果を発揮します。

 

まずは準備運動から

 

いきなり顔の筋肉を動かそうと思っても、凝り固まった筋肉はなかなか簡単には動きません。

まずは準備運動としてこちらの運動から始めてみましょう。

 

※この動画は音声が流れます。音量にご注意ください。

二重アゴ・たるみ・首のシワに効く、「ひっひっひー」のポーズ

 

首のしわなどにも効果があるエクササイズです。

まずは表情筋を鍛えるときの準備運動として最適です。時間がないときはこのエクササイズだけでも続けると、あごのたるみの解消につながります。

 

しっかりと表情筋を鍛えましょう

 

準備運動を終えたら、ほうれい線やたるみの対策として顔の筋肉をいろいろと動かしていきます。

呼吸法などもポイントです。動画を参考にぜひ試してみてください。

 

※こちらの動画も音声が流れます。音量にご注意ください。

ほうれい線・たるみ対策!顔ヨガで表情筋エクササイズ【東洋羽毛_美活お役立ち動画】

 

普段あまり表情筋を使わない人ほどエクササイズの効果を早く実感できます。

まずは2週間試してみると、かなり顔の印象が変わるはずです。

 

スポンサーリンク

まとめ:二重あごの解消は毎日の意識から

 

スマホの普及により、1日にスマホを眺めている時間がどんどん長くなっているそうです。

スマホの利用時間を調べたある調査では、2012年頃は1日の平均が1.5時間程度だったスマホの利用時間が、2015年では2時間に増えていて年々増加傾向にあるそうです。

長時間、首に負担をかけ続ける状態が続けば、ストレートネックは酷くなり、肩こりや頭痛の症状はますます強くなります。そして、二重あごがどんどん進みます。

 

まずはパソコンやスマホを見るときの姿勢から正す必要がありそうですね。

もちろん、日頃の食生活でむくみを溜めないようにしたり、そもそもついている脂肪を落とすためのダイエットも大切です。

 

現代人はとかく無表情になりがちです。

表情筋を鍛えると、自然と顔全体の肌にハリが出ていきいきとした印象になります。

そして、二重あごが解消されることで小顔にも見えるようになります。

 

ますは簡単なエクササイズから、小顔作りを始めてみませんか?

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪

仁依菜

コメント