秋の花粉症にご用心!風邪の症状との見分け方と秋の花粉症対策

健康

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!

 

こんにちは!仁依菜です。

少しずつ日が暮れるのが早くなり、朝晩は涼しく秋の気配を感じるようになってきました。

私の周りでは風邪をひいたといってマスクをつけている人がチラホラと出てきています。

時折、激しい咳などの症状もみられ、とても辛そうです。

 

本人は風邪だといっていますが、実はその症状を見ていると秋の花粉症では?と思えるものがります。

花粉症といえばスギやヒノキの花粉が飛ぶ春先のものというイメージがありますが、最近は秋の花粉症に悩まされる人も多いようです。

 

今日は秋の花粉症と風邪の症状の見分け方と秋の花粉への対策法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

くしゃみ、鼻水、その他こんな症状が続いていませんか?

 

朝晩の気温が急に下がり、夏の疲れも出てくるこの時期はくしゃみや鼻水、咳、微熱などの症状が出ると「風邪をひいたかな」と思うものです。

しかし、同じような症状を引き起こす原因に花粉症もあります。

もし次のような状況にあてはまっていれば秋の花粉症かもしれません。

 

花粉症の症状の特徴

  • くしゃみが止まらないことがある
  • 1週間以上くしゃみや鼻水が止まらない
  • 透明でサラサラとした鼻水が出る
  • のどに何か張りついたような感じがして息苦しい
  • 目の痒みがある
  • 微熱が続く

 

この中でも特徴的なのは鼻水です。

花粉症の鼻水は粘り気がなくサラサラと、まるで水のように流れます。

透明でも粘り気がある鼻水の場合は風邪の可能性が高くなります。

どちらの症状かを見極めましょう。

 

また、微熱が続くのも特徴です。

風邪の場合は一時的でも高熱が出ることが多いのですが、花粉症の場合はずっと微熱が続くのが特徴です。

 

見分けがつきにくい場合、症状が長引く場合は医療機関での相談・診察をお薦めします。

 

スポンサーリンク

秋の花粉症の原因は?

 

春の花粉症の主な原因がスギやヒノキだったのに対し、秋の花粉症の原因には次のような植物の花粉が挙げられます。

 

ヨモギ

キク科の多年草であるヨモギは日本全国に自生し、地下茎が横に這い群生する。

夏から秋にかけて茎を高く伸ばし、目立たないが花を咲かせる。

 

ブタクサ

キク科の一年草で、全国に分布する。

北アメリカ原産で、日本には明治初期に入ってきたとされる。

日本ではスギ、ヒノキに次いで花粉症の患者数が多いとされ、秋の花粉症の代表的なアレルゲンとされる。

 

よく似ているセイタカアワダチソウは、花粉をミツバチなどの昆虫によって媒介させる植物であり、風に乗せて花粉をばら撒く風媒花ではない。

以前は秋の花粉症の代表的なアレルゲンだとされていたが花粉症の原因ではない。

 

カナムグラ

アサ科の一年草で、日本全国から中国、台湾にかけて分布している。

畜産や農業、家庭排水などの影響で富栄養化した土壌でより繁殖したことから河原などで群生していることが多い。

 

ヨモギ・ブタクサ・カナムグラはいずれも8月~10月にかけて開花し、花粉のピークは9月から10月中頃までとなります。

 

春の花粉症に比べると患者数は少ないものの、人口の15%の割合で秋の花粉症の患者がいると想定されています。

風邪だと思った症状が、実は秋の花粉症だったということもありえます。

 

春の花粉症がスギやヒノキといった山間部に繁殖している植物が原因であるのに対し、秋の花粉症はヨモギやブタクサなど河原や道端、公園などの身近な場所に生息しているため、ジョギング、散歩、日常的に遊んでいるときに花粉を吸い込む機会が多く、症状がずっと続く要因ともなります。

春の花粉症にかかる人は秋の花粉にも反応しやすいので、これからの季節も注意が必要です。

 

スポンサーリンク

まとめ:秋の花粉症対策

 

秋の花粉症への対策は春の花粉症対策と基本的に同じです。

 

まずは花粉を吸い込まないことが一番です。

マスクをつける、眼鏡をかけるなどはとても効果的な手段です。

衣類は花粉がつきやすいニット素材のものを避けるなどが基本的な対策です。

外出先から帰宅したら、まずは玄関先でパンパンと服についた花粉をはらってから室内に入るなどもポイントです。

 

それでも花粉症の症状が出てしまうことはあります。

具体的な症状の軽減方法はこのブログでも以前 花粉症の症状を軽減する方法 という記事で、目の対策・鼻の対策をお伝えしています。

お時間があればぜひ併せてお読みくださいね。

 

また、そもそも花粉症に負けないよう体の免疫力を上げるという根本的な対策も必要です。

睡眠不足やストレスの蓄積、アルコールの過剰摂取は免疫力を下げ、花粉症だけでなく風邪などの感染症にもかかりやすくなります。

 

疲れを感じたら早めの休息を取り、ストレスは溜め込まないようにしましょう。

腸内環境を整えるのも花粉症予防や症状を軽減する有効な手段だとされています。

腸には外敵から身を守るために免疫細胞の60%以上が集中しています。

ヨーグルトや納豆、味噌やぬか漬けなどの発酵食品は腸内環境を整えるのに効果を発揮します。積極的に摂るようにしましょう。

 

私はヒノキ花粉の時期に花粉症の症状が強くでるタイプです。

9月の中旬から後半にかけても、のどに違和感を感じたり、目の周りの痒みを感じたりということがあるので、気をつけたいなと思います。

 

目の周りが腫れて土偶のようになるのは避けたい…。でも、なんとなく最近目が痒い。

こんな状態になると、秋になったんだなと感じます。

花粉症の症状で季節の移り変わりを感じるというのもなんだか悲しいものですが、しっかり対策をして乗り越えたいものです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪

仁依菜

健康
仁依菜をフォローする
スポンサーリンク
色とりどりな生活

コメント

  1. t より:

    風邪はひいてないけど、外出中は例外なく
    マスク着用が必須の私ですꉂ(ˊᗜˋ;)‘`,、’`,、
    (顔を隠さないと出られないw)

    とりあえず今のところ花粉症は無縁だけど、
    急に発症するっていうからなぁ…

    とりあえず納豆は毎日、食べとるで◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ…

    • 仁依菜 より:

      やっぱり納豆で腸内環境を整えるのが効きますね♪
      いいなぁ…、花粉症と無縁だったあの頃(いつ?)に帰りたいwww