薬味を添えて秋の味覚をより楽しみながらダイエットする|秋の薬味編

sanma - 薬味を添えて秋の味覚をより楽しみながらダイエットする|秋の薬味編

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 薬味を添えて秋の味覚をより楽しみながらダイエットする|秋の薬味編

こんにちは!仁依菜です。

スーパーの店頭に生のサンマが並び始めました。

こんがり焼いたサンマにすだちをギュッと絞って、大根おろしと醤油を合わせて食べるのは秋ならではの味覚ですね。

ここで使う すだち大根おろしは、秋に使われる薬味の代表です。

以前、 薬味のちょい足しで夏バテを予防し健康を保つ|夏の薬味編 という記事で、夏に使う薬味の効果についてお伝えしました。

秋に使う薬味には、夏の薬味とは異なる役割・効果があります。

上手に使えば食欲の秋でも太ることなく健康的に過ごせるかもしれませんよ。

今日は秋に使う薬味についてお伝えします。

秋の薬味の役割は?

夏の料理によく使われた わさびやシソ、ミョウガや山椒の大きな役割は解毒と消炎作用でした。

今よりも冷蔵・冷凍の技術がなかった頃は、特に暑い夏は食材の鮮度を保つのが難しく、薬味を使うことで食中毒を防ぐ役割がありました。

また、暑さで食欲が落ちたときも、薬味の清涼感で食が進むように工夫をしたとされています。

一方、暑さも和らぎ食欲が増す秋は、夏とは違った薬味が使われます。

その代表的なものと、その役割を見ていきましょう。

大根おろし

大根は今や一年中手に入るので、どの季節でも大根おろしが食卓に上るというご家庭も多いことでしょう。

その中でも、秋になるとサンマの塩焼きに大根おろしを添えるというメニューがパッと頭に浮かびませんか?

脂が乗ったサンマとサッパリとした大根おろしの味の相性は抜群ですよね。

味の相性の良さだけでなく、実はこの食べ合わせはとても理に適っていることなのです。

大根にはジアスターゼ(アミラーゼ)というでんぷんを消化する酵素が多く含まれています。

つきたてのお餅に大根おろしを絡めて食べる からみ餅 という食べ方は、胃もたれを防ぐ効果的な食べ方です。

このジアスターゼには、タンパク質や脂肪の消化を助ける働きもあります。

焼き魚や焼き肉に大根おろしが合うのはこのためです。

また、大根の辛み成分であるアリル化合物には、胃液の分泌を高めて消化を促進する働きがあります。

大根の旬は秋から冬です。夏と違い食欲が増した秋は、胃腸に負担をかけやすいものです。

消化を助ける成分を含む大根おろしを料理に添えるのは必然かもしれません。

すだち や かぼす などの柑橘類

先日 疲労回復にレモンより効果があるのは「かぼす」それとも「すだち」? という記事で、かぼす や すだち などの柑橘類には疲労回復効果のあるクエン酸が豊富に含まれていることをお伝えしました。

すだち や かぼすも今では一年中手に入る食材になりましたが、露地ものは8月の終わりから10月にかけて、今がまさに旬の時期となります。

夏の疲れが出る秋の初めの時期、すだち や かぼす などの柑橘類を料理に添えることで疲れを取ることができます。

また、果汁に含まれるビタミンCやクエン酸、果糖には胃腸を刺激し、消化・吸収を助ける働きがあります。

さらに、先日の記事でも触れたように すだち の皮に含まれるスダチチンという成分は、内臓脂肪を減らす働きがあるのではないかと研究が進んでいます。

かぼす や すだち などの柑橘類には、利尿作用や浄血作用などがあるとされ、体の代謝を上げる働きもあるとされています。

食欲の秋だからこそ、上手に柑橘類のパワーを使って食べたものをしっかり消化し、代謝を上げてダイエット効果を高めたいものです。

秋には少し控えたい薬味もあります

空気が乾燥し、喉の痛みや肌の痒みなどを感じる人が増えるのが秋です。

東洋医学では秋はが活発に活動する時期だとされます。

肺は乾燥を嫌い、潤いを好みます。

肺は皮膚を司るという言葉もあるほど、肺と皮膚は密接な関係があるとされています。

肺が潤えば肌も潤い、皮膚が健康で丈夫になります。

肺の働きが正常でないとその影響は皮膚にも表れ、肌の乾燥や湿疹などが起こるとされています。

肺の働きを助ける”辛”の薬味

肺の働きを正常に保つために、ねぎ、生姜、わさび、唐辛子等の薬味や香辛料を摂るといいとされます。

これらの食材は”辛”の食材に分類されます。

ほどよく摂れば、体を温め水分や気の滞りを改善し、肺に潤いを与えます。

しかし、”辛”の食材は体を温める効果が強いため、過剰に摂りすぎてしまうと体の水分が消耗しやすくなり、かえって肺の乾燥を招くことになります。

生姜や唐辛子などは体を温める薬味として一年中使われますが、秋は体を温めすぎると肺の機能に影響が及び、皮膚の乾燥やトラブルを招く恐れがあります。

”辛”の食材は冬にその効果を十分に発揮してくれます。

秋はほんの少し控えておきましょう。

まとめ:秋は消化を助ける薬味を上手に使いましょう

夏に比べて脂の乗った食材が豊富になるのが秋です。

また、気温が下がり過ごしやすくなることで夏には落ちていた食欲が秋になると増してきます。

夏の間に弱った胃腸を刺激し疲労回復に効果のある柑橘類や、消化酵素が豊富に含まれた大根おろしといった薬味を使うことで、食べたもののエネルギーを効率よく燃焼する代謝のいい体を作っていきましょう。

秋には秋の薬味の使い方があります。

ぜひ毎日の食生活に取り入れてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 薬味を添えて秋の味覚をより楽しみながらダイエットする|秋の薬味編

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] 薬味を添えて秋の味覚をより楽しみながらダイエットする|秋の薬味編 […]

  2. 冴木隆 より:

    秋には秋の薬味ってあるんですね。
    知りませんでした。
    なにも付けないで食べる派なもんで。
    でも、
    たまにはサッパリと食べるのもアリですよね。

    • 仁依菜 より:

      まだ夏のダメージが残っている胃腸に優しいのが秋の薬味の特徴ですね♪
      たまには使ってみてくださいね(^-^)