下半身痩せなら縄跳びが効く|縄跳びダイエットのメリット・デメリット

nawatobi - 下半身痩せなら縄跳びが効く|縄跳びダイエットのメリット・デメリット

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 下半身痩せなら縄跳びが効く|縄跳びダイエットのメリット・デメリット

こんにちは!仁依菜です。

ダイエットのためには運動が欠かせないことはみなさんすでにご存知ですよね?

運動の中でも脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が効くということもご存知でしょう。

有酸素運動といえば、ランニングやウォーキング、水泳や自転車などがよく知られています。私が普段行っているフラフープも有酸素運動のひとつです。

そして、ダイエット効果が高いことでお薦めしたいのが縄跳びです。

特に下半身痩せを目指すならば、縄跳びをぜひダイエットに取り入れましょう。

ただし、縄跳びを使ったダイエットにはデメリットもあります。

しっかりと理解した上で、効果的に縄跳びダイエットを行いましょう。

今日は下半身痩せに効果抜群の縄跳びダイエットについてご紹介します。

手軽にできる全身運動:縄跳び

子供の頃は前跳び、後ろ跳び、二重跳び、三重跳びに交差跳び、軽々と跳んでいた記憶があります。どれだけ長く跳び続けられるか…と、友達とずっと縄跳びをして遊んでいました。

大人になると、縄跳びといえばボクシングをする方のトレーニングの1つというイメージがありませんか?

実は、縄跳びはただ跳ぶだけに見えて心肺機能を高めるのにとても効果的な運動です。

また全身の脂肪が揺れるので、ダイエットの効果が期待できる運動でもあります。

まずは、縄跳びダイエットのメリットを見ていきましょう。

縄跳びダイエットのメリット3つ

縄跳びダイエットには次のメリットがあります。

メリット1:手軽に始められる

縄跳びはとても手軽に始められる運動のひとつです。

100円均一ショップでも手に入ります。

また、実際に縄を跳ぶことが重要ではなく、縄跳びをする動き=ジャンプをすることに運動効果があるので、縄跳びを持たずにエア縄跳びでも同様の効果を得ることができます。

私の後輩も長くエア縄跳びダイエットに挑戦しています。

エア縄跳びならば失敗して縄が足に絡まるということがないので、運動を継続することができます。

メリット2:室内でもできる

ランニングやウォーキングは天候に左右されるものです。水泳ならばプールに行かないと行えません。

それに対し、縄跳びならば庭やベランダ、室内でも行うことができます。

むしろ大人になってから家の外や公園で運動をしている姿はご近所の方には見られたくないという人にも縄跳びならばその心配もなく行えます。

メリット3:手軽にできる全身運動

縄跳びはただ飛んでいるだけに見えて、正しく行えば全身を使うとてもハードな運動です。

ハードな運動でありながら移動を伴うものではないので、TVを見ながら、音楽を聴きながら行うこともできます。

エア縄跳びならば思い立ったときにすぐに行うこともできます。

CMの間だけ、5分間だけ…など短時間でも効果はあります。

有酸素運動は20分間続けなければ効果がない…というのは、昔の話です。

20分未満の運動でも脂肪を燃焼させる効果があります。なにもしないよりも、5分・10分でもマメに体を動かせば必ず脂肪は燃焼します。

縄跳びダイエットのデメリット

手軽に室内でも行える全身運動である縄跳びですが、気をつけて行わないと逆効果になるデメリットもあります。

デメリット1:膝や足首への負担が大きい

縄跳びは単純に跳んで着地しての繰り返しです。

1回ずつの衝撃は大したことがないと思いがちですが、着地の度に膝や足首に衝撃が加わります。

体重が重ければ重いほど、その衝撃は大きくなります。

固いコンクリートの上では行わない、クッション性の高いシューズを履いて行う、室内で行うときはヨガマットを敷くなど、衝撃を和らげる工夫が必要です。

デメリット2:バストのサイズが落ちる

脂肪は小刻みに揺らすと落ちやすくなります。

縄跳びは全身の脂肪を揺らす運動です。お腹周りやお尻などの脂肪を落とすのに効果的な運動です。

ただし、バストの脂肪も落ちやすくなります。

ダイエットをすると胸から落ちるという人は多いものです。これはダイエットのために運動を行うときも普通の下着をつけている場合に起こりやすくなります。

バストサイズを落とさずにウエストやヒップの脂肪だけを落としたいという場合は、運動時にスポーツ専用の下着やヨガウェアなどでしっかりとバストの揺れを防ぐ対策をしましょう。

デメリット3:脚が太くなる

下半身痩せがしたくて縄跳びを始めたのに、脚が太くなるなんて本末転倒ですよね。

これは、準備運動とアフターケアをしないで縄跳びだけを行うことによるものです。

縄跳びは特にふくらはぎの筋肉を使います。

運動後のケアは特に大切です。

使った筋肉をほぐすことで、正しい位置に筋肉がつくことをサポートすることが必要です。変な位置に筋肉がついてしまうと、かえって脚が太く見えるということに繋がります。

まとめ:正しい縄跳びダイエットの方法

下半身の引締め効果が抜群な縄跳びダイエットは正しい方法で行ってこそ効果が得られます。

メリット・デメリットを意識して、次の方法でぜひ行ってみましょう。

1. 準備運動をしっかり行います。ストレッチ・軽いジョギングなどが有効です。

2. 固いコンクリートの上は避けます。ランニングシューズなど衝撃を吸収する素材が使われた靴を履いて行います。室内で行う場合はヨガマットを敷きましょう。

3. 1分間に60回を目安に3分続けて飛び5分休憩を1セットとし、1日3セットぐらいから始めましょう。慣れてきたら回数を増やし、時間を伸ばしていきますが、マメにインターバルを入れましょう。

4. まっすぐ上に跳び上がるイメージで行いましょう。背中が丸まっていたり、後ろに反り過ぎては効果が半減します。胸を張ってまっすぐ前をみて行いましょう。

5. 膝や足首への衝撃を和らげる工夫が必要です。サポーターの着用は有効な手段です。高く跳ぶ必要はありません。高く跳べば跳ぶほど衝撃は大きくなります。縄を越えられる分だけ跳べば十分です。

6. 縄跳びを行った後はとくにふくらはぎを中心にマッサージをしておきましょう。

7. バストサイズを落としたくない方は下着やウェアできちんと対策をしましょう。

私は先日から縄跳びをダイエットに取り入れ始めました。

もっと早く実践しようと思ってはいましたが、体重がある程度落ちるまではかえって膝や足首への負担があることを知っていたので、まずは別の方法で体重を落とす必要があったのです。

その方法は今までのブログ記事でいろいろとご紹介していますので、お時間があれば過去記事もお読みくださいね。

手軽にできる全身運動の縄跳びでぜひダイエットを成功させましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 下半身痩せなら縄跳びが効く|縄跳びダイエットのメリット・デメリット

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする