靴底を見るとあなたの体型がわかります|靴底の減り方と太りやすさの関係

shoes - 靴底を見るとあなたの体型がわかります|靴底の減り方と太りやすさの関係

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。ありがとうございます!
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 靴底を見るとあなたの体型がわかります|靴底の減り方と太りやすさの関係

こんにちは!仁依菜です。

あなたがよく履いている靴を見てください。

靴底の減り方はどうなっていますか?

全体的に減っていますか?左右で減り方に差はありませんか?

かかとの部分の減り方はどうですか?内側が大きく減っている、もしくは外側が大きく減っているかもしれませんね。

靴底の減り方はその人の歩き方のクセをそのまま表します。

そして、その歩き方のクセはあなたの体型に大きな影響を与えます。

今日は靴底の減り方から見る体型への影響と、改善ポイントをお伝えします。

歩き方のクセがあなたの体型を決定します

靴底の減り方を見るとあなたの歩き方のクセが分かります。

正しい歩き方をすると、足の指の付け根やかかとの中心にしっかりと体重がかかるので、靴底の減り方に左右差がなく、また減るスピードも遅いはずです。

それぞれの靴底の減り方からあなたの歩き方のクセと体型の特徴を見ていきましょう。

また改善のポイントも合わせてお伝えします。

靴底の減り方が左右で差がある

このタイプの方は、普段の立っている姿から問題があるかもしれません。

どちらかの足に重心をかけて立つクセはありませんか?

もしかすると、左右のどちらかの足を過去に骨折したり、足首を痛めたりした経験がある方かもしれません。

どちらか片方の足に重心をかけて立つクセがある場合は、歩くときもどちらかの足に体重がかかっていたり、片足だけがすり足になっている可能性があります。

また女性の場合はいつも同じ方でカバンを持つクセがある可能性があります。

靴底の減り方が左右で差がある方は、体や骨盤の歪みがあると思われます。

体や骨盤の歪みは体型の崩れだけでなく様々な体の不調の原因となります。

日頃から頭痛がする方や肩こりがひどい方は体の歪みを解消すると症状も軽減されます。

このタイプの方はまずまっすぐに重心を保つことを心掛けましょう。

どちらかの足を庇って歩くような歩き方や、片方だけに荷物を持って歩くことに注意して左右のバランス差をなくすように意識をすると次第に靴底の減り方も左右同じになっていきます。

靴底の外側ばかりが減っている

このタイプの方はがっしりした足であったり、O脚気味であったり、がに股気味ではありませんか?

歩くときに体の外側に体重をかける傾向が強いため、太ももの内側がたるんでいる人が多いのも特徴です。太ももの間に隙間がないかもしれませんね。

また、このタイプの場合は歩くときに腹筋をしっかりと使えていません。そのため、下腹がぽっこりと出る傾向にあります。

立つとき、歩くときは重心を内側に置くように意識してみましょう。足裏全体に体重がかかっていることを感じてください。腹筋にぐっと力を入れて背筋を伸ばすことも重要です。

歩くときは膝と膝が擦るようなイメージで、内ももに力を入れて歩きましょう。

座っているときもいつの間にか膝と膝の間が緩んでいる可能性があります。時折意識して、両膝をくっつけ、内ももと腹筋に力を入れるようにしてみてください。

正しい歩き方ができるようになると、自然と内ももが引き締まり足全体が細くなります。

また、腹筋を使って歩けるようになるので、ぽっこりお腹が解消されます。

靴底の内側ばかりが減っている

このタイプの方は内股気味の方やうつむいて歩くことが多いのではないでしょうか。

太ももの裏側からお尻にかけての筋肉をあまり使わずに歩いているので、お尻が下がっていたり、お尻と太ももの境目が曖昧になっているかもしれません。

立っているときに自然とつま先が内側を向いていないかチェックしてみてください。

歩くときはつま先を少し開き気味にするよう意識しましょう。歩幅はやや大きめに、しっかりと地面を蹴るイメージで歩くようにし、かかとから着地するよう心掛けましょう。

顔を上げて目線はしっかりと前です。スマホを見ながら歩くなんて言語道断です。

ちょこちょこ歩きではなく、大股でさっさっさっと歩くことを意識してみてください。

大事なのは歩数ではなくちゃんと筋肉を使って歩くことです。

正しい歩き方ができるようになると、確実にヒップアップします。

靴のかかとの部分の減りが激しい

腰痛をお持ちではありませんか?

普段の姿勢は猫背になっている可能性が高い方は靴のかかとが減りやすくなります。

腹筋と背筋が弱まっていて日頃から猫背の状態になっていると、内臓が圧迫され代謝が悪くなります。代謝が悪くなると太りやすくなるため、全身がぽっちゃりしているかもしれません。

まずは猫背の改善に努めましょう。

左右の肩甲骨をぐっと引き寄せ、お腹に力を入れて立つ・座るを心掛けることで腹筋・背筋を鍛えることができます。歩くときも肩を開き背筋を伸ばすことを忘れずに!

また、靴のかかとが減りやすい人は外反母趾の可能性があります。

つま先に負担をかけないようにかばいながら歩いていませんか?

つま先にゆとりのある靴を選ぶようにしましょう。

女性の方はヒールの高い靴を履く際にきちんとサイズの合っていない靴を選んでしまうと、つま先部分に体重がかかり過ぎることがあります。

滑り止めのジェルパッドを活用して足裏全体で体重を支えられる状態にしましょう。

足の大きさは左右差があるものです。大きい方の足に合わせて靴を購入すると思いますが、小さい方の靴にはインソールを入れてサイズを調整するなどし、それぞれの足にきちんと合ったサイズの靴を履くようにしましょう。

小さいほうの足の靴を調整せずに履いていると、そちら側だけ擦って歩くような形になり、かかとの部分の減りが早くなります。

歩き方全体のバランスを乱すことにもなり、体に歪みが生じやすくなります。足のサイズに合わせた靴選びがとても大切です。

外反母趾がひどい方は巻き爪にもなりやすい傾向があります。

外反母趾や巻き爪は治療が必要です。異常を感じたら、早めに病院受診をしましょう。

まとめ:自分に合った靴で正しい歩き方をすると痩せる

いかがでしたか?

靴底の減り方を見ると、自分の立ち方や歩き方のクセを知ることができます。

体型の崩れは普段の何気ない歩く姿勢からきていることが多いものです。

私は外側ばかりが減るタイプなので、内ももの筋肉がうまく使えていないのだな…と自覚しています。

自覚はしていても、一朝一夕で歩き方が改善されるわけではありません。

日頃から意識して、座る・立つ・歩くときの姿勢を注意していないと、人の体はついつい自分が楽で筋肉をあまり使わない姿勢になりがちです。

それぞれのタイプ別で意識するポイントが異なりますので、時々ちゃんとできているかな、楽していないかなとチェックしてみてください。

あまりにも靴底が減ってしまった靴を履いていると、それだけで体のバランスが乱れ体型の崩れを招いてしまうことがあります。お気に入りの靴であれば、しっかりとメンテナンスをして履き続けてくださいね。

きちんとサイズが合っている靴で正しい歩き方をするように心掛ければ、自然と痩せやすい体作りもできるものです。

最近、お腹がぽっこり出てきたな…とか、お尻が下がってきたな…という方は、一度靴底の減り方をチェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 靴底を見るとあなたの体型がわかります|靴底の減り方と太りやすさの関係

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 靴は大事ですよね、やはり

    そう思っていても、ついつい安いのに走ってしまい
    結局労わってません。

    • 仁依菜 より:

      コメントありがとうございます☆
      安い靴でも歩き方に気をつけていただくと、靴底の減りが軽減されるので
      かなり長持ちしますよ♪