顔がテカテカべたつく原因、実は乾燥かもしれません|インナードライにご注意

dry - 顔がテカテカべたつく原因、実は乾燥かもしれません|インナードライにご注意

こんにちは!今年の夏はできるだけエアコンに頼らずに生きていきたい仁依菜です。

というのも、寝室のエアコンが壊れまして・・・。(なぜよりによってこの時期に壊れる・・・w)

不幸中の幸いなのは、冷房にしても、暖房にしても恐ろしく部屋が冷える状態なので、とりあえず5分間ぐらいエアコンを稼動させると業務用冷蔵庫の中に入った気分が味わえるほど部屋が冷えるという、夏にはありがたい壊れ方だということでしょうか。(ポジティブ仁依菜、発動中!)

これを機に、リビングのエアコンもできるだけ稼動させずに今年の夏は過ごしてみよう!と「一人我慢大会」を決行しようと心に誓ったのですが、さすがに外気温が35度近くになると扇風機だけではしのぐことができず、エアコンのリモコンに手を伸ばしてしまいます。

エアコンをつけてしばらく経つと、「んっ?なんだか顔がテカテカしてる?」と思うことが時々あります。

夏になると、肌のテカりや化粧崩れが気になるという女性の方は多いのではないでしょうか。

特に小鼻の辺りがベタベタしたりするのを感じて、自分の肌は脂性だと思っている方、実はその原因は乾燥からきているのかもしれませんよ。

今日はこの時期は特に気をつけたいインナードライについてお伝えします。

実は多いインナードライ肌

化粧崩れが起きるほど皮脂が分泌されているのに、実は肌の内部はカサカサに乾燥しているのがインナードライ肌です。

一説には8割以上の女性がインナードライ肌の疑いがあるとも言われています。

男性でも案外多いのかもしれませんね。

こんな症状はありませんか?

キメが粗くて毛穴が目立つ、かさつく、皮脂がでているのに肌がつっぱる感じがする、肌がゴワついている、化粧のりが悪い、スキンケアをしているのに乾燥する、肌の状態が安定しないなどの症状がある方は、インナードライ肌である可能性が高いと考えられます。

一見すると肌表面は皮脂が多いので潤っているようにも思えますが、肌の内部では乾燥が進んでいるので放っておくとシミ・シワ・くすみなどの肌トラブルが起きてしまうのです。

インナードライ肌の原因は?

インナードライ肌の原因はずばり乾燥です。

空気の乾燥といえば夏よりも冬のイメージの方が強いと思いますが、冷房が効いた部屋は冬よりも乾燥しているなんてことはザラにあります。

冬も暖房で室内は乾燥しがちですが、暖房と同時に加湿器も併用している場合が多いのに対し、夏は冷房のみをつけているということが多くありませんか?

夏は紫外線によるダメージも乾燥を招く原因になります。

不規則な生活やストレス、偏った食生活や喫煙も乾燥の原因となります。

さらに間違ったスキンケアも肌の内部の乾燥をどんどん進めてしまう原因となります。

夏の肌こそ保湿が大事

日本は夏は湿度が高いので、肌表面は一見すると潤っているように感じます。

そのため、間違ったスキンケアでどんどん肌の内部を乾燥させてしまっている人が多いのです。

正しいスキンケアはできていますか?

最近は洗顔料はしっかり泡立ててから使うということを意識している方が増えたのはとてもいいことだと思います。

洗顔は手で洗うではなく泡で洗うが基本です。しっかり手のひらで洗顔料を泡立てマッサージするように洗顔します。このときに指や手のひらが顔に触れるのは間違った洗顔方法です。泡を転がすイメージで洗顔は行いましょう。

毎日、朝晩、必ず洗顔料を使う必要はありません。

特に朝の洗顔に関しては、その日の肌の状態に合わせて洗顔料を使う・使わないを判断しましょう。

皮脂の分泌状況は毎日違います。前日に食べたもの、睡眠時間、睡眠環境などによって大きく変わります。

朝起きて、肌を触ってみてベタつきを感じたら洗顔料を使い、乾燥を感じたら水かぬるま湯で洗い流すだけにするというように日々の変化を感じることがとても重要です。

洗顔後はタオルをそっと押し当てて、顔の水分をタオルに吸い取らせるようにしましょう。ここでゴシゴシ顔を拭くなんてことは厳禁ですよ!

そして、すかさず化粧水です。まずはしっかりと肌に水分を与えましょう。化粧水はケチらないことがポイントです。高価な化粧水を少量使うより、安価な化粧水を適量使ったほうが肌は潤います。もちろん、高価な化粧水を適量使ったら・・・それが一番いいですね♪

化粧水はコットンでつけても、手でつけてもどちらでも構いません。いずれの場合でも、最後に手のひらを軽く当てて水分を内側に入れ込む作業をすると効果的です。皮脂が分泌されやすい小鼻の辺りは指をそっと当てて水分を入れ込みましょう。

このあと、乳液やクリームなどで水分を入れ込んだ肌に蓋をするのですが、化粧水の後すぐではなく、1~2分待ってから行いましょう。効果が断然違います。

手軽に使えるオールインワンタイプの美容液などをお使いの方も、ただ洗顔後に塗るだけではなく、手のひらを当てて内側に水分を入れ込む作業をお忘れなく。

実はインナードライ肌なのに自分は脂性だと思って間違ったスキンケア商品を使っているという方もかなり多いと言われています。

百貨店のコスメカウンターはもちろん、ドラッグストアの化粧品売り場でも肌の水分や油分をチェックすることが可能です。一度、確認してみるのもいいですよね。

まとめ

私自身、顔のテカりを感じて「あぁ、そういえば最近お肌の手入れをちょっと手抜きしていたな」と感じてこの記事を書いています。

肌の健康を保つためにもお手入れはやはりサボっちゃだめですね。

インナードライは気づかないうちにどんどん進行してしまいます。

手遅れにならないうちに、正しいスキンケアをしていきましょうね。

さて、とりあえず今日も「一人我慢大会」(熱々の味噌煮込みうどんでも食べようかなw)でエアコンをなるべく使わず過ごしてみたいと思っていますが、どうやらぐんぐんと気温が上がってきているようです。

室内でも熱中症になる危険があるので、適度な室温管理の中でみなさんお過ごしくださいね。

そして、熱中症とインナードライを防ぐために、適度な水分補給もお忘れなく!

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 顔がテカテカべたつく原因、実は乾燥かもしれません|インナードライにご注意

仁依菜

スポンサーリンク

フォローする