夏の暑さ対策をそろそろ本気で始めましょう|7月7日は小暑です

himawari - 夏の暑さ対策をそろそろ本気で始めましょう|7月7日は小暑です

こんにちは!仁依菜です。

明日は7月7日。

一般的には七夕というイメージが強いかと思います。(旧暦で七夕行事を行う地域もありますね)

もうひとつ、季節をあらわす言葉として、小暑という日でもあります。

小暑または大暑(7/23頃)から立秋(8/7頃)までを暑中といい、暑中見舞いの挨拶状を出すのがこの期間です。

いよいよ暑さが本格化してくるこの時期、夏を健康的に過ごす方法を確認しておきましょう。

季節をおさらい:小暑ってなに?

季節をあらわす言葉には様々なものがありますね。

日本の場合はまず四季(春・夏・秋・冬)があります。余談ですが、年々春と秋が短くなって夏と冬が長くなってきている気がするんですが・・・これは温暖化の影響なんでしょうか。

さらに、二十四節気という、1年を24等分しその分割点(節気)を含む日に季節をあらわす名称をつけたものがあります。夏の訪れを意味する立夏(5/5頃)や暑さが収まる時期を示すという処暑(8/23頃)などの言葉があります。

さて、その二十四節気の中の小暑が今年は明日、7月7日です。

小暑は、ここから暑さがだんだんと強くなるという意味です。

梅雨明け間近で、集中豪雨が起こりやすい時期でもあります。(私の生まれ故郷:福岡県久留米市も昨日すごい豪雨に襲われた模様で、川がとんでもないことになっていたよう・・・大雨の降った地域の皆様、ご無事ですか?!)

梅雨明け後はいよいよ夏本番です!この時期からできる暑さ対策を見ていきましょう。

健康的に暑さを乗り切る対策

夏の暑さに負けず健康的に乗り切る方法を、睡眠・食事・汗対策の観点から見ていきます。

寝苦しい夜を乗り切るには扇風機を活用する

エアコンをかけていても、夜中にタイマーが切れると起きてしまう。
でも一晩中エアコンを付けっ放しで寝るのも体に悪そう。

寝不足の状態で昼間の暑さにさらされると倒れてしまうなんてことにもなりかねません。
暑い夏を健康的に乗り切るにはまず睡眠をしっかり取ることが大事です。

なによりもまず、睡眠環境を整えましょう。

・夏の睡眠に適した室温は25度~28度

室温をこの温度に一晩中合わせるためにエアコンを付けっ放しにするのは経済的ではありませんね。

そこで、まず就寝の一時間ぐらいまえから寝室のエアコンを22度ぐらいに設定し運転します。

室内で熱がこもっているのは壁です。壁をしっかり冷やさないと、昼間に蓄熱した壁からエアコンを切った途端に熱が放出され再び室温が上がってしまいます。

就寝時はエアコンを切り、扇風機を使います。

このときのポイントは、扇風機の風を壁に当てることです。

エアコンで冷やしておいた壁に扇風機の風を当てることで冷たい空気が室内に循環します。これにより睡眠に適した25度~28度の室温を保つのです。

体に直接扇風機の風を当てると、体を冷やしすぎる恐れがあります。どうしても体に風を当てたいときは足元に当てましょう。お腹は冷やさないように気をつけてくださいね。

また、長時間にわたって風が当たり続けることで皮膚から水分が蒸発して、脱水症状を引き起こすこともあります。乾燥で肌がカサカサなんて嫌ですよね。

扇風機の風は体に当てず、壁に当てるが基本です。

扇風機は本体の後ろの空気をファンの力で前に出すことで空気の動きを作り涼しさを感じるものです。(●イソンのファンのない扇風機の仕組み・・・誰か教えてw)

扇風機の後ろ側にタオルでくるんだ保冷剤などを置くと冷たい風を起こすことができます。これも上手に活用して、室内に冷たい空気が循環する環境をつくりましょう。

暑いときこそ温かいもの・辛いものを食べましょう

夏はどうしても冷たいもの・さっぱりしたものを食べたくなる気持ち、わかります。

でも、それがより一層食欲の低下を招き、代謝を下げ、太りやすい体を作っているとしたら・・・ちょっと食生活を見直したくなりますね。

夏は汗をかくことが多いので一見すごく痩せやすそうな時期に思えますが、実際は1年の中でも代謝が落ちやすく、むしろ太りやすい時期なのです。

さらに冷たい飲み物やアイスで体を冷やすことが多いので、むくみやすくもなります。

・スパイスを有効活用しましょう

そういわれても、「今日はもうそうめんしか食べたくない」という時もあるかもしれませんね。

そんな時はぜひスパイスを上手に活用してください。

たとえば、そうめんの薬味には体を温める効果がある生姜をたっぷり使うことをおススメします。

気温が高い国々ほど、スパイスをたくさん使った辛くて温かい料理がよく食べられます。

スパイスが効いた料理で汗をかき、その気化熱で涼しさを得ることができるためといわれています。

またスパイスは胃腸の働きを活性化し、食欲増進を図り、夏バテを防ぎます。発汗作用や水分代謝を促す効果もあるため、むくみを防ぐことができます。

夏こそ、辛くて温かいものをよく食べるようにした方が健康的に過ごせます。

汗のにおいが気になるという方へ

汗を出して代謝をあげることが大事だとは分かっていても、臭いが気になって汗をかくことに抵抗があるという方も多いことでしょう。

しかし、本来は汗は無臭です。

汗をかいて嫌な臭いがするのは、皮膚の上の雑菌によるものです。

そのため、汗をかいたらこまめに拭き取るを心掛ければ、臭いはかなり防げます。

脇汗に関していえば、制汗剤を上手に活用しましょう。特に脇は雑菌が繁殖しやすい場所なので、汗が出る量を抑える・臭いを抑えるという対策が有効です。

・腸内環境を整えるとにおいが消える

汗に混じる皮脂が多くなると臭いが強くなることが分かっています。

脂っこい料理がお好きな方、お酒をよく飲まれる方は、汗に皮脂が混じる量が多くなりがちです。これが体臭となっている場合があります。
腸内環境を整えると、アンモニアなど臭いの原因となる物質が少なくなり汗の臭いも弱くなります。

食物繊維に豊富な野菜や海藻類の摂取を心掛け、体の内側から臭い対策をしておくようにしましょう。

まとめ:暑い夏を健康的に乗り切るには

いかがでしたか?

暑い夏を健康的に乗り切る対策として、睡眠・食事・汗対策を見てきました。

ポイントは

よく寝る・よく食べる・よく動く(でも汗の臭いはコントロールする)です。

これからが暑さが本格化する時期です。

暑さに負けないようにしっかりと対策をしましょうね!

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
人気ブログランキングdiet dairy88 31 rainbow 4 - 夏の暑さ対策をそろそろ本気で始めましょう|7月7日は小暑です

仁依菜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする