胆石闘病記録⑩~人生初めての入院そして手術へ~

健康
スポンサーリンク

ブログ『色とりどりな生活』にお越しいただきありがとうございます!

こんにちは!『色とりどりな生活』管理人 仁依菜( @irotoridori_217 )です。

2020年の7月に胆嚢摘出手術のために入院をしました。

幸いなことにこれまで大きな怪我や病気をすることなくこれ過ごしてきた私にとって、今回の胆嚢摘出手術のための入院は人生で初めての経験となりました。

引き続きその際の闘病記を綴っています。

前回は入院前に新型コロナウイルスに感染していないか調べるためのPCR検査を受けたところまでをお伝えしました。

その日のうちに病院から連絡がくることはなかったので、検査の結果は陰性でした。

陰性であれば、いよいよ手術のための入院となります。

それでは、どうぞ続きをお読みください。

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。

 

スポンサーリンク

入院準備もそれほどすることがない

入院までの約1週間はひたすら仕事に追われていました。
術後の経過によっては1週間以上お休みしなければなりません。
できることは可能な限り前倒しにし、反対に期限のない仕事は極力退院後に回してもらうようやりくりしました。

その間もいつ胆石による痛みが襲ってくるかはわかりません。
常にロキソニンを鞄に忍ばせ、いつ痛みを感じてもすぐに対応できるようにして過ごしました。

幸いなことに痛みを感じることはなく、いよいよ入院の日がやってきました。
入院の手続き自体は午後からということで、入院当日の朝にゆっくりと準備をすることができました。

といっても持ち物はせいぜい下着が日数分。そして、入院中に読もうと病室に持ち込む本が数冊です。
タオル類などは病院のレンタルを活用することにしたため、かなり身軽な状態で入院することができました。

我が家から病院までは徒歩10分弱。
入院患者さん用の注意として長期間の駐車はできないとのことで車で行くことはできません。
ぼちぼちと歩いて病院へ向かいます。7月の後半だというのにまだ梅雨明けしていなくて、なんとなく湿った空気が重くのしかかります。

入院の受付は14時からです。
13時前に病院に到着し、レストランでお昼ご飯を食べました。
この日の夕方からは世に悪名高い(?)「病院食」のお世話になります。
しばらく揚げ物なんかも食べられないだろうし…というわけで、おいしく海老フライをいただきました。

スポンサーリンク

コロナ禍のため病棟は面会禁止

14時になり入院手続きを済ませました。
次から次へと手続きをする人たちの多さに「あぁ、こんなに病気の人たちが沢山いるんだな」と自分もその一員であるにも関わらず眺めていました。

私が通う病院には病棟が4つあり、それぞれ3階から5階までに病室があります。
入院前の説明で話を聞いてはいましたが、新型コロナウイルスの影響で入院中の病棟へのお見舞いは一切禁止です。

 

仁依菜
仁依菜

誰もお見舞いに来てくれない入院って寂しいものです

私は5階の産婦人科の患者さんが主に入っている病棟に案内されました。ここならば患者さんは女性ばかりです。

実は入院手続きの最中、あまりにも入院する人が多いことを見て、私の中にある思いが浮かびました。

 

入院中できれば他の人に気を遣いたくないかも…

 

急遽、予定を変更し4人部屋から個室へ切り替えてもらうことにしました。
幸いなことに病棟では個室も空いていたのですんなりと入ることができました。思い返すと、結果としてこの判断は大正解でした。

入院初日は本当に何もやることがありません。
着替えてベッドに横になり、夕食までの時間を過ごします。
夕食も至って普通食。それほど薄味というわけでもなく、普通に食べることができます。
これで600キロカロリーというのだから、さすが病院食です。この食事を毎日していたらダイエットできるんだろうなーとしみじみ感じます。

夕食の後も特にすることはありません。
個室に変更したことで、部屋にはシャワー室もあり自由な時間に使うことができます。
シャワーを浴びてまたベッドに横になりゴロゴロと過ごします。
特に見たいテレビ番組もなかったので点けることはありませんでしたが、個室ならばテレビを利用する際にイヤホンを使う必要もないとのことでした。

消灯は22時です。
いつもは日付が変わる頃にようやくベッドに入ることがほとんどなので、そんな時間に寝ようと思ってもなかなか眠れません。

そして、おそらく翌日に控えた手術に向けての緊張もあったのでしょう。
なんとなく浅い眠りにつくと、夜中にかすかに聞こえる病棟の中の新生児室からの赤ちゃんの泣き声で起きたりしたのでした。

スポンサーリンク

ついに胆嚢摘出手術の日がやってきた

さあ、いよいよ手術当日です。

その日は12時半頃からの手術予定と言われていました。
私の前に1件手術があるため、その影響で多少遅れることはあるかもしれないとのことでした。

万が一に備えて手術中は家族が病院内にいるようにとのことで、12時を目途に父に来てもらうようお願いをしてあります。

当日は朝7時に水分補給をした後は絶食です。
午前中のうちにシャワーを済ませ、お昼前に手術着に着替えます。
血栓予防の靴下を履けば私の手術準備は完了です。

・・・12時半になりました。

しかし、どうやら前の手術が長引いているようです。

付き添いに来た父が「前の手術、失敗したんじゃないか」などと軽口を叩きます。
手術を控えた娘の緊張をほぐそうと冗談を言っているのでしょうが、はっきりいってダダ滑りです。

 

仁依菜
仁依菜

言っていい冗談とそうじゃない冗談ってあるよね

病棟内では面会禁止なので病棟と病棟をつなぐ廊下部分にあるスペースで父と会話をしていたのですが、その発言の後はしばらく自分の病室へ戻ってひとりで時間を過ごしました。

13時を過ぎたころ、担当の看護師さんが「13時45分からの手術になります」と予定を告げにきました。
さぁ、いよいよ私の手術の番です。

10分前に病室を出て手術室へ歩いて向かいます。

看護師さんから「昨夜はよく眠れましたか?」と聞かれました。
私は「さすがに緊張で眠りが浅かったみたいです。赤ちゃんの泣き声が時折聞こえましたよ」と答えました。
「うるさかったですか?」と更に看護師さんは尋ねてきますが、私にとっては赤ちゃんの泣き声はむしろ微笑ましく感じられたことを伝えました。

すると、「よかったです。ちなみに4階の病棟だと、高齢者の方の叫び声が聞こえるんですよ」とのことでした。5階の病棟で本当によかったです。

スポンサーリンク

手術時間は2時間30分

13時40分過ぎ、中央手術室と書かれたエリアに入りました。中には11の手術室があるとのことです。

その中の一つに案内され、名前と手術する箇所を確認されました。

手術台へ横になると、テキパキと準備が進められていきます。
手術室の時計は13時45分を指しています。

点滴が始まり、「これから麻酔のお薬が入ります。ちょっとフワフワとした感じになるかもしれません」と麻酔医の先生の声がします。

 

 

フワフワなんてしないなーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「終わりましたよー!」

声を掛けられて目を開けると、手術は終わっていました。

はっきりとはまだ覚醒していない状態で手術室からストレッチャーで運ばれるのがなんとなく分かります。
手術室を出る時にみた時計は16時15分を指していました。手術時間は2時間30分でした。

その後、また私は眠りの中に落ちていきました。

 

胆石闘病記録⑪につづく。。。

 

前回までをお読みにないたい方はこちらからどうぞ↓

胆石闘病記録① 胆石との付き合い~病院受診まで~
とんでもなくご無沙汰してしまいました。 2020年の1月6日に「今年はダイエットを再開します!」「ブログの更新もちゃんとします!!」と宣言しておきながら、あっという間に季節は流れ、なんともう8月が終わろうとしています。 ...
胆石闘病記録② 胆石との遭遇~ついに病院受診へ~
ご覧いただきありがとうございます! 先日から綴っている胆石闘病記録の第2弾です。 先日の第1弾を投稿したあと、「私も胆石持ちです」という方から何名も反応をいただきました。 胆石はあるけど痛みはないと...
胆石闘病記録③ 胆石との格闘~休日診療にて初めてのCT撮影~
胆石闘病記録の第3弾です。 第1弾、第2弾と続けて書きながら、あんな痛みは2度と嫌だな~とつくづく思い出します。 読んでくださった方からは、胆石の痛みは相当だと聞いたことがあるという感想をいただきます。 ...
胆石闘病記録④~救急診療と救急車と私~
胆石闘病記録の第4弾です。 激しい痛みの合間を縫ってやっと病院へたどり着いた第3弾。 人生初のCT検査を受けて、やはり胆石が原因だろうと告げられた私ですが、やっとの思いで行った病院では治療ができないと言われて別の...
胆石闘病記録⑤~血液検査と画像診断に映る胆石~
胆石闘病記録の第5弾です。 救急救命センターでの診療を終え、夜中にトボトボと家に歩いて帰った前回までの私。たっぷりの冷や汗をかきながら痛みに耐えた後、徒歩で帰る家までの間に見上げた夜空に浮かぶ月がとても綺麗だったのをと...
胆石闘病記録⑥~医師との意思疎通は難しい?~
胆石闘病記録の第6弾です。 前回の第5弾で綴ったように画像診断の結果には10個以上の胆石が映っていました。 手術は嫌だと言ったものの、またあの激痛に襲われたらどうしようかと不安も日増しに強くなっていきます。 ...
胆石闘病記録⑦~肺活量検査と胃カメラは正直しんどい~
胆石闘病記録の第7弾です。なかなか手術に辿り着かないですねw あらためてCTとMRIの画像診断結果を見て実は4センチもの大きな胆石があること知った私は手術を受けることを決心しました(詳しくは前回をどうぞ) 手術を...
胆石闘病記録⑧~いよいよ手術日が決定~
2020年も気付けば大晦日!!新型コロナウイルスの影響でなにかと予定が狂った方が多い一年だったのではないでしょうか。 私もこの胆石闘病記を2020年中に終わらせようと思っているにも関わらず、まったく執筆が進まない状態が続いています。な...
胆石闘病記録⑨~PCR検査をうけてついに入院へ~
2021年になりました。 昨年は新型コロナウイルスの影響で生活様式が大きく様変わりした一年でした。今年は明るい年にぜひしていきたいものですね。 私にとっては何かと辛いことが多かった2020年。 その中でも5月の終わ...

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
このブログが参考になったよという方はぜひクリックをお願いします

仁依菜

コメント

タイトルとURLをコピーしました