胆石闘病記録⑦~肺活量検査と胃カメラは正直しんどい~

健康
スポンサーリンク

胆石闘病記録の第7弾です。なかなか手術に辿り着かないですねw

こんにちは!『色とりどりな生活』管理人 仁依菜( @irotoridori_217 )です。

 

あらためてCTとMRIの画像診断結果を見て実は4センチもの大きな胆石があること知った私は手術を受けることを決心しました(詳しくは前回をどうぞ)

手術をすると決めたらすぐにできるものだとばかり思っていたら、実際は様々な検査を受けなければならないことがわかりました。

そして、そんな最中に別の病気があることも発覚?!

 

どうぞ続きをお読みください。

 

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。

 

スポンサーリンク

手術前は検査がいっぱいあるんです

 

胆石のために手術をすることに決めたからには、手術日があっという間に決まってすぐに入院するものだとばかり思っていました。
ところが、実際は手術を受ける前には実に様々な検査を受けなければならないんですね。

もう、検査だけで諭吉がたくさん飛んでいきます。

 

まずは胸部レントゲン検査。

MRIやCTでさんざん胆嚢に石があることはわかっているのに、さらにレントゲンまで撮るんですね。

 

そして、胸部エコー検査。

ニュルニュルのゼリーをた~っぷり塗られて、グリグリー、グリグリーーっとエコーを撮られました。

 

さらに、肺活量の検査。

これはちょっと…いや、思いの外きつかったです。

学生時代に吹奏楽部でトロンボーンを吹いていたので、ちょっと肺活量には自信があったんですが、検査技師の

「はい、息を全部吐ききりますよー、はい、もうちょっと、まだまだ行ける!

もう一息!!がんばってー!!!」

の声に思わず筋肉体操の

 

「あと3回しかできません」

 

の掛け声が頭に浮かびました。

 

仁依菜
仁依菜

筋肉は裏切らないw

 

息を吐き切るたびに目がチカチカして星が瞬くかと思いました。

 

3つの検査を同日に受けて、これでまだまだ他にも検査が必要というのだから驚きです。
胃カメラの検査は予約の都合で翌週の予定になっていました。

 

スポンサーリンク

他にも病気発見?!

 

3つの検査を受けた日の夕方のこと、スマホに見知らぬ番号からの電話が入っていました。「知らない番号の電話には出ない」がモットーの私ですが、なんだろなーと思っているとまたその番号からの着信です。

 

恐る恐る出てみると・・・

 

「先日、休日診療で受診していただいたT病院の事務の者です」と名乗る男性からの電話でした。

 

「実は、受診の際に撮影したCTの画像を見て担当の先生が婦人科の受診をされた方がいいのではないかと仰ってます」と告げられました。

 

詳しいことは事務の担当者なのでわからない、しかもT病院には婦人科はないのでどこか他の病院を受診してもらいたい、どこか行く予定の病院があればT病院からその病院にCT画像を送ることもできるがどうしますか?というのがその電話の主旨でした。

さすがにこんな手のこんだイタズラ電話もないですし、婦人科の病気には身に覚えもありました。

私はT病院から搬送されたK病院を受診中であること、その時に診断された胆石の手術を近日中に受ける予定であること、そのための検査をしている状態であることをT病院の事務の方にお話ししました。

そして、検査のために来週もK病院を受診する予定であり、そこならば婦人科もあるので院内で連携してもらうことにしますと伝えました。

 

この頃になると、胆石の痛みに苦しんでも病院受診さえためらっていた時とは違い、

「この際だから体の悪いところ全部治してやる!」

ぐらいの勢いがついていて、婦人科も受診しようとすんなり思えるようになっていました。

 

それでもこのタイミングでの連絡でなければ、こうは思えなかったかもしれません。

T病院で診てくれた先生といえば、あのワイルド・イケメン医師!!(←登場はでしたね)

 

ありがとう!

あの時は痛みがひどくて名前も覚えてないけどワイルド・イケメン医師!!!

 

スポンサーリンク

胃カメラは正直しんどい

 

3つの検査を受けた1週間後、胃カメラの検査のためにまた病院受診しました。

人生初の胃カメラです。

前日に職場の同僚で胃カメラ検査経験者に話を聞いていました。

 

その人曰く、

 

「二度と胃カメラはやりたくない!!」

 

大人の男性がそう言うんですから余程のことだったのでしょう。

 

『でもでも、胃カメラなんて私が人類初で受けるわけじゃないし、みんな受けてる検査なんだし、最近の鼻から入れるタイプのヤツはそんなに苦しくないっていうし…』

と自分の中にある最大限の勇気を振り絞ってその検査に臨みました。

 

 

 

まさか、口から入れるタイプの方だなんて……泣きましたね。

 

いや、もうね、ほんと

 

 

「もう二度と胃カメラはやりたくない!!」

 

 

 

私も言わせていただきます。

 

 

検査の結果は1週間後に聞きに行くことになり、また病院受診日が増えました。

 

胆石闘病記録⑧につづく。。。

 

前回までをお読みになりたい方はこちらからどうぞ↓

 

胆石闘病記録① 胆石との付き合い~病院受診まで~
とんでもなくご無沙汰してしまいました。 2020年の1月6日に「今年はダイエットを再開します!」「ブログの更新もちゃんとします!!」と宣言しておきながら、あっという間に季節は流れ、なんともう8月が終わろうとしています。 ...
胆石闘病記録② 胆石との遭遇~ついに病院受診へ~
ご覧いただきありがとうございます! 先日から綴っている胆石闘病記録の第2弾です。 先日の第1弾を投稿したあと、「私も胆石持ちです」という方から何名も反応をいただきました。 胆石はあるけど痛みはないと...
胆石闘病記録③ 胆石との格闘~休日診療にて初めてのCT撮影~
胆石闘病記録の第3弾です。 第1弾、第2弾と続けて書きながら、あんな痛みは2度と嫌だな~とつくづく思い出します。 読んでくださった方からは、胆石の痛みは相当だと聞いたことがあるという感想をいただきます。 ...
胆石闘病記録④~救急診療と救急車と私~
胆石闘病記録の第4弾です。 激しい痛みの合間を縫ってやっと病院へたどり着いた第3弾。 人生初のCT検査を受けて、やはり胆石が原因だろうと告げられた私ですが、やっとの思いで行った病院では治療ができないと言われて別の...
胆石闘病記録⑤~血液検査と画像診断に映る胆石~
胆石闘病記録の第5弾です。 救急救命センターでの診療を終え、夜中にトボトボと家に歩いて帰った前回までの私。たっぷりの冷や汗をかきながら痛みに耐えた後、徒歩で帰る家までの間に見上げた夜空に浮かぶ月がとても綺麗だったのをと...
胆石闘病記録⑥~医師との意思疎通は難しい?~
胆石闘病記録の第6弾です。 前回の第5弾で綴ったように画像診断の結果には10個以上の胆石が映っていました。 手術は嫌だと言ったものの、またあの激痛に襲われたらどうしようかと不安も日増しに強くなっていきます。 ...

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
このブログが参考になったよという方はぜひクリックをお願いします

仁依菜

コメント

タイトルとURLをコピーしました