ダイエットを成功させるコツは小さな目標の積み重ねです

未分類
スポンサーリンク

こんにちは!当ブログの管理人 仁依菜(@irotoridori_217)です。
今日もブログ『色とりどりな生活』にお越しいただきありがとうございます。

前回は新たなダイエットの目標についてお伝えしました。

では、どうやってダイエットをしていくのか。
目標設定と同じく、方法をきちんと決めることはとても大切です。

今日はこれから私が行う予定のダイエット方法についてお伝えしていきます。

最後までどうぞお付き合いくださいね。

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。

スポンサーリンク

痩せるにはいろんな方法がある

ダイエットといえば、どんなイメージがありますか?

   ・甘いもの、脂っこいもの、好きなものは食べられずひたすら我慢
   ・カロリー制限しなきゃ!なんなら食事を抜いちゃう!?
   ・苦手だけど運動しないとダメなんでしょ

あぁ…なんだか書いているだけでも辛くなってきました。

たしかに、食べなければ痩せます。

一時的には

そう、一時的には痩せることができるんです。

しかし、生きるために必要なカロリーも満足に取らず痩せようとすると、体がすぐに悲鳴を上げます。
さらに、人の体というのはとても上手くできていて、少ないカロリー摂取を続けていると、
そのカロリーでやり繰りできるように順応しようとしていきます。

その結果、食事制限を止めて元の食事に戻した途端にリバウンドスイッチがパチッと入ってしまいます。
これを繰り返せば、どんどん痩せにくい体の出来上がりです。

仁依菜
仁依菜

痩せようと思ったのに痩せにくくなるなんて…悲しい

ダイエットをしているからといって、好きなものを全て我慢する必要はないと私は考えています。

もしあなたがボクシングの世界チャンピオンだとしても、あらゆるものを我慢して、水だけを飲んでひたすら体重コントロールをしなければならないのは試合前の計量直前までです。
どんなにストイックな人であっても、ずっと我慢を続けるというのは限界があります。

それよりも、たまには好きなものを好きなだけ食べる・飲む日を設けながら、ちょっと我慢する日々を続ける方が確実に継続していくことができます。記念日や友達との食事会など、ダイエット中でも高カロリーの美味しいものを食べる機会があるものです。そんなときは、とことんその時間を楽しみましょう♪

「ダイエット中だから私はサラダだけで結構!」なんて言ってその場の空気を凍らせる必要はありません。その時間に落とした脂肪の代わりに大切な人間関係まで失う必要は全くありません。

楽しい気持ちで摂ったカロリーは0キロカリーとは言いませんが、実際のカロリー以上に心の栄養になります。心の栄養はとても大切です。

ただ、同じことを2日・3日と続けなければ大丈夫です。
次の日からはまたいつもの食生活に戻せば大丈夫です。

運動はできればした方が良いですね。脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要です。筋肉をつけるには、やはり運動が必要なのは明らかです。

じゃあ、明日から毎日ジョギング5㎞を日課に!!

なんて目標を立てがちですが、日常的に運動習慣のない人がいきなりそんなハードワークを日課に
しようというのは無謀というものです。

・いつもより多く歩くようにする
・歩幅を少し大きく、ちょっと早歩きしてみる
・エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う
・電車に乗るときは一駅分歩く

小さなことではありますが、今までより体を動かす時間を増やしてみるところからで十分です。

仁依菜
仁依菜

小さなことからコツコツとってことですね!

スポンサーリンク

習慣化するには3週間かかる

今度こそ早起きの習慣を身につけようしたのにまた3日坊主になってしまったなんてことは
よくありますよね。

前回のダイエット時に書いた記事の中で、

新しいことを始めるときに習慣化するまでは3週間が必要なこと

をお伝えしています。(リンクはこちら→

ダイエットの目標を立てる時に、最初はあれもこれもやらなきゃ!と様々なタスクを自分に課してしまうことが多いものです。
とくに完璧主義の傾向にある人はこの罠にはまりやすいです。

仁依菜
仁依菜

私はどちらかというとこのタイプです

たしかに食事も運動も大事!

でも、あれもこれもなんて同時に高い目標を立てすぎると、ひとつ出来なかったときに「もういいや!」と心がポキッと折れる音がはっきり聞こえるなんてことになりがちです。

   ・小さな目標を立ててまずは3週間続けてみる

   ・3週間継続できたら他の小さな目標を足してみる

   ・継続できなかったら再挑戦

   ・これは無理と思うことだったら止めて別の目標を立ててみる

気軽な気持ちで、これまでの生活の中で太る要因となっている習慣を変えるための小さな目標を立てることをおすすめします。

スポンサーリンク

私の小さな目標

2021年6月1日からダイエットを始めた最初の3週間の目標は

一日の摂取カロリー合計を1400キロカロリーにする

これだけです。
これだけ?と拍子抜けするかもしれませんね。

とはいえ、一日の摂取カロリーを把握するということは、食べたものの記録をしっかり取って
カロリー計算をする必要があるということなんです。

仁依菜
仁依菜

これって結構めんどうだったりするんですよね

幸いなことにスマホのアプリでカロリー計算できるものが多くあります。
外食であればHPにエネルギー情報やアレルゲン情報をアップしてくれている企業が増えています。コンビニやスーパーで買えるものはカロリー表示があるので把握しやすいですね。

これらを上手に活用して、食べたものとカロリーを記録していくレコーディングダイエットをしています。
ただ記録をつけるだけですが、これがなかなか効果的なんですよ。

「ちょっと食べすぎだな」とか「お昼までに〇キロカロリー摂ったから夜は〇キロカロリーにしよう」と自然に調整できるようになります。

さらに、カロリーだけでなく栄養バランスにも気をつけるようになっていきます。
「肉料理が続いたから明日は魚料理を食べよう」とか「野菜だったらお腹いっぱい食べても低カロリー」など、記録を見返すことで自分の傾向を把握して対策を練ることができるようになります。

カロリー計算はめんどくさいから嫌という人は、食べたものを記録するだけで心理的効果はありますよ。

興味があったらぜひ挑戦してみてくださいね。

次回は「摂取カロリーの目標設定」についてお伝えします。

最後までお読みいただきありがとうございます。
このブログが参考になったよという方はぜひクリックをお願いします

仁依菜

コメント

タイトルとURLをコピーしました