仁依菜さんちの朝ごはん【2018年10月2週目】

朝ごはん
スポンサーリンク

2018年10月2週目の我が家の朝ごはんです。

毎週土曜日(もしくは日曜日)は、その週の月曜日~金曜日に食べた朝食をご紹介しています。

 

こんにちは!『色とりどりな生活』管理人 仁依菜( @irotoridori_217 )です。

10月に入ってから繁忙期の会社のデータ入力のお手伝いに出ていることは、前回の朝ごはんの記事でもお伝えしていたところです。

この繁忙期の業務というのが想像を絶する忙しさで、連日の残業と休日出勤をしてかろうじて期日に間に合うといった状態が続いています。

おかげで体は毎日まさしく疲労困憊です。

 

10月からは毎朝8時にブログを更新する予定だったのも全く機能しなくなっています。

更新を楽しみにしてくださっている方には申し訳ないばかりです。

それと同時に、更新が滞っていてもブログを読みにきてくだされる方がいらっしゃるのは嬉しい限りです。

今後は多少業務も落ち着くようですので、ブログに関しては以前の更新頻度に戻せる予定です。

 

仁依菜
仁依菜

もう少しお待ちくださいね!

 

どんなに忙しくなっても朝ごはんはしっかり食べるようにしています。

どうしても疲れが酷くて仕方ないというときには、朝ごはんを外食にしてしまうこともありました。

さて、では10月2週目の朝ごはんを振り返っていきましょう。

 

ブログランキングに参加しています。
それぞれポチッと応援いただけますとダイエットの励みになります。

スポンサーリンク

2018年10月2週目の朝ごはん

 

10月2週目はとにかく連日の残業で、仕事を終えて家に帰ると軽く夕食を済ませてお風呂に入って寝るの繰り返しでした。

こうなると朝はとてもお腹がすいた状態で目が覚めます。

一分でも一秒でも長く寝ていたいという気持ちと朝ごはんを食べたいという気持ちとのせめぎ合いが続きました。

結果的に、ほとんどは睡魔よりも食欲が勝つといった状態で朝ごはんのために起き出すという日々でした。

 

さて、そんな我が家の朝食の記録を今週もどうぞご覧ください!

 

・10月8日 月曜日

さつまいもが美味しい季節になりましたね♪

 

・10月9日 火曜日

疲れたときはオクラや納豆のネバネバが効きます

 

・10月10日 水曜日

赤・黄・緑の3色は欠かしません

 

・10月11日 木曜日

朝から豚汁♪なか卯の朝定食に頼りました

 

・10月12日 金曜日

早朝からお出掛けだったので2日続けて外食です

 

スポンサーリンク

糖質の制限し過ぎは危険です

 

ダイエットには糖質を制限するというのが最近の推奨されている傾向のようです。

私も体重をしっかりと落としたいときには糖質の摂取を抑えることはあります。

糖質とは主にお米やパンなどの主食に含まれているものですが、揚げ物などの衣の部分であったり、とろみづけするための片栗粉であったりと思わぬところにも含まれているものです。

砂糖などの甘いものだけに糖質が含まれているわけではありません。

 

ダイエットのために甘いものをまず我慢するというところから始める人が多いことでしょう。

しかし、元々甘いものが大好きという人にとって、いきなり甘いものを全く摂らない食生活というのはかなりストレスが溜まってしまい長続きしません。

そこで1日3食で摂取する糖質の中でも主食であるお米やパンを控えめにするのが一番簡単な方法です。明らかに制限しているということを実感できます。

 

ただし、我が家の朝食の画像を見ていただければお分かりになるかと思いますが、毎日の朝ごはんでは必ず糖質を摂取しています。

なぜならば糖質は頭と体を動かすために必要な栄養素だからです。

 

仁依菜
仁依菜

ちゃんと糖質を摂取しないと1日ボーっとしちゃいますよ!

 

糖質は決してダイエットの敵ではありません。

もちろん摂り過ぎはよくありませんが、摂らなさ過ぎるのもよくありません

 

体を動かすために必要な栄養素は 糖質・タンパク質・脂質 の3つです。

この3つに加えて食物繊維ミネラルをバランスよく摂取することが健康を維持するためにとても大切です。

 

朝これらの栄養をしっかりと摂ることによって1日を快適に過ごすことができます。

ダイエットのために食事の制限をするのであれば、朝食ではなく夕食で調整をすることをおすすめします。

 

痩せるために糖質を摂らない食生活を続けていると、体は体内から糖を補おうとします。

まず肝臓に蓄積されているブドウ糖やグリコーゲンから糖が補われます。これが無くなると、タンパク質を材料に糖新生という代謝を行うようになります。

カロリー制限をして1日の摂取エネルギーが低い状態が続くと、体内のタンパク質でも糖新生が賄えなくなります。

すると、体は使っていない筋肉をアミノ酸に変えて糖を作るようになります。

こうなると筋肉がどんどん減り、一見すると体重がスルスルと落ちる状態になります。

しかし、ここで落ちているのは筋肉です。

筋肉が落ちれば代謝が下がり、どんどんと痩せにくい体質になってしまいます。

 

仁依菜
仁依菜

この状態でちょっと食べ過ぎたら・・・すぐに太っちゃいますね

 

バランスよく栄養を摂ることで痩せやすい体を作ることを心がける方がリバウンドもせず健康的に痩せることができます。

糖質もほどほどに摂取することで代謝のいい体を作りましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

私はダイエット中でもコンビニスイーツを食べることがあります。

ただし、できるだけ午前中に食べるようにしています。

甘いものは糖質だけでなくカロリーも高い傾向があります。過剰な糖質やカロリーを就寝前などの遅い時間に摂取してしまうと、消化できずに余分なエネルギーとして脂肪に変換され体内に蓄積されてしまいます。

 

夜はなるべく軽めに、朝と昼はしっかり食べるというのが私の食事バランスのポリシーです。

友人やパートナーと一緒に食事をするのは夜が多いので、そのような予定があるときは昼を軽めにするように調整をしています。

1日3食でうまくバランスが取ることを重視して食事をするように心がけています。

 

さて、来週はもう少し業務量が落ち着いて通常の生活に戻るといいなと思っています。

朝ごはんも少しずつメニューを変えていきたいところですが、どうなることやら・・・。

 

それでは、次回の「仁依菜さんちの朝ごはん」もぜひお楽しみに!!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が参考になったよ!という方はぜひ応援ポチっとお願いします。

仁依菜

コメント